飛神覚醒会でも「レンズ」になった方の体験談がいくつもご紹介されました。
レンズになると、スーーーッと何もしなくてもとんでもないことがおきてくるようです。
それは「力が要らない世界」のようです。

考えてこうなったとか、頑張ったとか、努力したとか、、、、、
不思議にそんな言葉とは違う世界です。

 

真我に出会ったら、是非ともそう生きられたらいいですよね。

最近、このレンズについて、数名の方から質問されました。

「真我を追求しているつもりなのに、状況が変わらない。
これは私がレンズになっていないからでしょうか?」
「レンズになるってどういう事なのでしょうか?」

これは誰しもが興味がある世界ですよね。

まずは、佐藤康行が「壁とレンズ」の講話をしている部分を、一部、ご紹介いたします。

========

問題がバンバン解決していく、画期的な人もいる
一方、何度か来ても、なかなか変わっていかにみえる人もいる

どこに違いがあるのか?

 

この問題のところに「壁」をたてる
「壁」を立てると反射して、いつまでたっても問題は解決しないのです

あなたと言う人間が邪魔をしている可能性がある

 

あなたの「我」という、あなたの勝手な理解だったり、思い込みだったりするのが壁になっているから、いつまでたってもこの問題は解決しない

本当は問題じゃないんだから、あなたがいなかったら黙っていても解決するんです。
あなたがいなければその問題さえも無いんだから、、、。

このまま、すんなり行けば、この問題は解決していくんです

 

レンズにするにはどうするか?

レンズで問題に「答え」という光で焦点を当てると、まもなく消えていく

レンズが透明になったという事は、素直になったという事です。
素直(レンズで)に問題に焦点を当てたという事なのです。

======

明日はもう少し、佐藤康行の言葉を頼りに
この「レンズ」について、さらに深く掘っていたいと思います。

明日の朝8時にお目にかかりましょう!



ナスペックバナー

ナスペック電話