真我は究極の自立
それは佐藤康行に依存するという事なのだ。

そう研究員は捉えています。

 

佐藤康行に依存するとは?
出来る限り、佐藤康行に接触をする事だと捉えています。

以前、佐藤康行に質問をしたことがありました。
「どうしたら、真我で生き続けられるのでしょうか?」

「私から目を離さないことです」

「それにはどうしたらいいのでしょうか?」

「常に私を意識できる環境を作ることです」

そこで、部屋のありとあらゆるところに、佐藤康行を意識できるものを貼り付けました。

 

そして、
佐藤康行のセミナー
佐藤康行の音声
佐藤康行のワーク

そして行き着いたところが「佐藤康行研究所」でした。

 

研究員にとっては、常に佐藤康行に依存している。
それが、誰にも振り回されない究極の自立だと考えています。

 

===========

本日のナスペックの読みどころ

世界が一変する真我の言魂
「認めたら存在する」

『あなたが認めたら
その瞬間から存在する

存在を認めてから出発すると
それが現れてくる

そこには時間差がない・・・・・』

NASPCのバナーからご覧下さい



ナスペックバナー

ナスペック電話