魂の臨死体験で、佐藤康行がみえたもの

「魂の臨死体験」とは、一体、いかなる事なのか?
そこで佐藤康行が見えたものとは、一体なんだったのか?

 

「魂がポン!と上がって、それから私はこの世の事は何でもわかっちゃったと思ったんです」
「毎日、一冊づつでも本が書けると思っちゃったんです」
そう佐藤康行は言います。

 

そもそも、一体何が見え、
佐藤康行とは何者なのか・・・・!

 

ここ最近、私はまた、この事ばかりを考えるようになってきました。

 

人類のなかで「魂の臨死体験」を経験した人がいるのだろうか?
佐藤康行以外で究極の悟りを悟った人がいるのだろうか?
いやいや、そもそも「究極の悟り」とは、いかなるものなのか?

私の生まれつき持っている「知りたい!」欲がグングン膨らんできます。

そこで、佐藤康行に質問をしてみました。

Q)悟れないことを悟ったとは、一体どういう事なのか?

私が魂の臨死体験から復帰したときに「世界のすべての事がわかった」と言うのは、
世界中の人間の動きがわかった、求めていることがわかったという事であって、それは宇宙の絶対真理、神の世界とは別個なのです。

人類の全てのことがわかった。
だから毎日でも本出せるとおもった。今でもそれは変わらない。それも一瞬でわかった。

それは、宇宙飛行士が宇宙から地球をパッと見て、世界はひとつ、地球はひとつって一瞬でわかるじゃない。そういう感じ

でも、世界は一つ、宇宙はひとつ、地球は丸い、そのことの本当のことをわかる人はいないじゃない。

ミクロの世界って、何兆分の一とやっていけば、無限のミクロでしょ。
宇宙だって無限じゃないですか。

宇宙の無限がわかるって言う人はいるのでしょうかね。
それは、わかるって言ったとたん「うそだ」という事になるじゃないですか。

 

明快!
簡潔!

 

だれもが説明できなかったことが、これほど一言で明確に説明できるという佐藤康行という人物は
一体何者なのか!!!!!

さらに突っ込んでいきたいと思います。

(続きは明日!!)



ナスペックバナー

ナスペック電話