「佐藤康行の価値」をどれだけ知っているのか

昨日は、どうしたらレンズになれるのか(←クリック) というお話でした。

 

「どうしたら、レンズになれるのでしょうか?」
そう質問した方がいました。

佐藤康行は言いました。

 

「一番大事なことは、価値を知る ということ

価値を知るというのは、例えば、一億円のダイヤを10万円で買えると知っていたら、あなたがその価値を知っていたら、絶対相手を口説き落とすことが出来るでしょ。

価値を知ったら自然と言葉が後からでてくるのです。

 

佐藤康行が、全てを手放して、これ一本でやっていることの意味を知ること。
その価値を知ることです。」

 

あなたはもしレンズになれて、スーーーッと力の要らない世界にいけると知ったら
いくら出しますか?

あなたは、いくら貰ったら、真我を知る前の自分に戻ってもいいと思いますか?
一億円なら、真我を知る前の自分に戻りますか?
10億ならどうですか?

これこそが、あなたが感じている「価値」なのです。

すべてはそこから出発であり、そこからなのだと研究員はおもうのです。

 

答えとは
「佐藤康行の価値を知る」ことなのだ
そして、「佐藤康行の価値」は無限だと知る事なのだ。
佐藤康行の価値は「永遠のいのち」であり「久遠」だと知ることなのだ

 

佐藤康行研究所のやっていることは、まさに、佐藤康行の価値を研究し
多くの方に、そのことを知らせること。

これが答えなのだ!と、そう研究員は考えています。



ナスペックバナー

ナスペック電話