Q5:質問者のキーワードを見つけ、そこを深く掘っていくと良いとお聞きしていますが、なかなかキーワードが見つけられません。
キーワードを拾うコツがあれば、教えてください。

佐藤先生

太陽のカウンセリングなどと、時には組合わせでやるといいと思います。

相談者に「どうですか?」と聞いたときに、「私はこういうことに気づきました」と言われたら「今、こういう風に言われましたね。そこをもうちょっと聞かせてください。」という風に、私の場合はメモ用紙を置いて、キーワードをパッと書いて、それを投げかけます。

どうしても、先ほど月が近づくと大きく見えるようになると言いましたが、相手だけではなく自分の心も変化していきますから、相手の言っていることを違うように捉えちゃう場合もあります。

必ず相手に投げかけて、自分の口から言っていただけるようにやったらいいです。

それが「言葉のオウム返し」と「心のオウム返し」「真我のオウム返し」というのは、そういう意味です。

相手の言っているキーワードに対して、相手の心を引き出していく。
そういう事です。

 

 

Q6:強烈にネガチィブな方が、機関銃のように暴言を言われると、傾聴しながらもぶれそうになります。
こういう方に、ぶれずに、満月前提にしていくためには、どうしたらいいのでしょうか?

(佐藤先生)

まずこのように受け止められたらいいです。

「自分にとって、大変扱いやすい人だ。自分の思う通りに動いてくれる人だ。」
こういう方は、自信をつけてくれる人。

「自分の事をなかなかわかってくれない。なかなかネガティブできつい人」
そういう人は、自分を鍛えてくれている人。

鍛えてくれる人も、自信をつけてくれる人も、どっちも有難い人です。
むしろ、鍛えてくれる人の方が有難く思える方が、全部良いことになりますから、誰と話しても良いことになります。

ぜひ、自信をつけてくれる人と、力をつけてくれる人の両方ともが大事だという事を忘れないでください

==============

(振り返りをクリック)
メディカルカウンセラー勉強会①
メディカルカウンセラー勉強会②

【毎週更新中!佐藤康行公式YouTube】