「ここまで究極になったのに、明日は一体どこまで行くのか・・・」そういいながら、前日に帰っていかれた皆さん。
そんな、皆さんには、帰ってからもいろいろなことが起き続けていたようです。

翌朝、後ろで待機している佐藤康行のもとへ、帰ってから起きた報告やら、新たな気づきやら、感謝やらが次々と報告されていました。

「昨日の午前中の2時間だけで、充分、受講料の元は取った」と、嬉しそうに話されています。

それほど、この「光の世界」という、セミナーの価値を実感されている皆さん。

さぁ、二日目は、この皆さんを、佐藤康行はいったいどこまでの世界へ連れて行くのか・・・!!
佐藤康行は、今日は何をするのだろうか・・・・!!

 

そんな二日目が始まりました!

朝からいきなり、新しいワークシートの配布が始まりました。
今までにないほどの、究極のワーク。

ただ、書くだけで、自分が人生で出会った全ての人の過去まで変えてしまう。
過去の自分のドラマが、そっくり入れ替わる。

そんな超・とてつもなく、超・シンプルなそのワークに、バインダーに書き込みながらすすり泣きの声が次々と室内に響きます。
なぜ、こんなシンプルなことをやっているだけで、これほど涙が出てくるのか・・・。

分からないままに、さらに新しいシートが配布され、その新しいシートでの佐藤康行とマンツーマンのワーク。

 

あぁーーー!!!!!!!!!
すごすぎるぅーーーーーー!!!!!!

まさに、まさに、神降臨だ!!!

 

あなたも神、私も神、神がいっぱい。
神がみんなとてつもない声で、泣いている・・・!!!!!

 

どれだけ過去の賢者が、悟りたくても悟れなった「真我寂光の世界」
それを身をもって、この二日間で体験できた皆さん。

闇も光。
闇も光もない世界。
ただただ、神の光だけ、愛だけの世界が、八重洲の研修室には繰り広げられていました。

 

参加の皆さんの満足度は、いかほどだったのか・・・?
橋渡しの数が半端じゃなかった様子を見れば、一目瞭然です。

次の「光の世界」の日程も決まり、参加されたほとんどの方が橋渡しをされていたようです。



ナスペックバナー
ナスペック電話

昨日「光の世界」一日目が開催されました。

なんと!!
佐藤康行の机の上には、佐藤康行の原点ともいえる1992年発刊の『成功と幸福を呼ぶ言葉』『魂は無限能力』『魂の開発講座』という、幻の書籍3冊が並べられていました。

佐藤康行は以前、こんなことも言っていました。
「私の人生そのものが、真我開発です」

光の世界一日目は、不思議な不思議な世界でした。

 

佐藤康行はリラックスして、むしろ、ゆったりとした感じなのに、そのエネルギーたるや!!!
今まで感じた事のないくらいの、とてつもない引きのエネルギーでした。

まるで「イグアスの滝」にザーーーと水が入り込むように、人類の全てのものをザーーと引き出されているかに感じました。

 

今回、参加の15名の方は、「闇」から引き出されても、「神」から引き出されても、自分自身が全て光そのもの!真我そのもの!神そのもの!
それしかないと、自身の究極まで行きつかれているように見えました。

 

八重洲研修室の部屋中の時空間が、異次元状態でした。
完全にゼロ地点になっていました。

ここから全世界に波状的に、佐藤康行のエネルギーが一瞬で飛んでいってる感じがして、研究員は頭がクラクラしました。
途中から、足元がまるで宇宙を遊泳しているかのごとく、ふわふわしていました。

やっぱりだ!
やっぱり地球全体に、宇宙にここから発信しているのだ!!!

昨日のブログ(←クリック)にも書きましたが、魂参加の方は、あの佐藤康行の引きのエネルギーに、絶対に何かを感じられたのではないでしょうか。
普通ではない、何かを経験されたのではないでしょうか。

 

さて、一日目終了した受講生の皆さんは、すでに、ひとつの人生を終えて、新たな人生を歩んでいるようなサッパリとした顔で
「佐藤学長、ありがとうございました。これからは良い人生を歩めそうです」とおっしゃって、ニコニコして帰っていこうとされていました。

急ぎ、「まだセミナー終了していませんよ。明日もありますから!」というと、
「あっ!そうでしたね。明日もあるのですね。しかし今日は凄かったんですが、明日はここから出発となると・・・・
明日はどんなことになるのでしょう」と、明日の自分がどこまでいけるのか、想像もつかないと言いながら帰っていかれました。

 

今日は2日目・・・!
さて、どこまでになるのか・・・・・。

あぁーー。
研究員も、今だ見ぬ世界を見られると思うと、朝からドキドキして、昨夜も眠れませんでした。



ナスペックバナー
ナスペック電話

たった15名限定。
そして二日間開催されるセミナー。

「光の世界」が今日明日と開催されます!

 

今のエネルギーの佐藤康行が、このとてつもないセミナーを開催したら、一体どういう事になるのだろう・・!!!
どこまで想像しても、きっと想像をはるかに超えたものになる事は、間違いないと思います。

 

過去、この二日間の奇跡のセミナーを受講され、まるっきり人生がひっくり返ってしまった人も。
一度受けてみたいと切望しながらも、今だその機会に恵まれていたい方も。

是非、この二日間は、佐藤康行に意識を集中してみてみませんか?

そうです!
あなたの魂の参加です。

 

池にたった一つの石をポチャンと投げたら、その波は一瞬にして池全体に広がっていきます。

今の佐藤康行のエネルギーなら、一瞬にしてこの地球全体に、とてつもない勢いで広がっていう事は間違いないと思います。
そして、世界が変わってしまうことさえ、研究員は予想されるのです。

佐藤康行に意識を集中したあなたもにも、何かが起こるに違いありません。

 

佐藤康行のエネルギーの拡がりは、目の前の一人に注がれたとき、その後ろにズラーーーといる人類全体に注がれていると、研究員は信じて疑わないのです。
ただ、その人がどちらの方向を向いているかによるかが大切なことのように思われるのです。

ゆえに

あなたのために!
あなたの大切な人のために!
あなたの愛する日本の皆様のために!
あなたの愛する人全てが住む、この地球のために!

この二日間を、魂としての参加をご一緒にしてみませんか。

===========

本日のナスペックの読みどころ

目覚めの言葉
「神の力が働くとは?」
(質問)
佐藤先生は「私は真我にしか持っていきませんよ。そうじゃないと神の力が働かない」とおっしゃいます。
神の力が働いているというのは、どういう状態のことなのでしょう

佐藤康行の答えはNASPCのバナーからご覧下さい

===========

本日のナスペックの聴きどころ

最新講話ダイジェスト
「時期不明 佐藤康行講演②」
30年以上前のレアな音声です。
NASPCのバナーからお聞き下さい



ナスペックバナー
ナスペック電話

この音声はいつごろの音声なのだろうか・・・?
たぶん、35年以上は前の音声だろうと思う。

声が驚くほど若い!

研究員が保存している音声の中でも、この音声が一番古い音声ではなかろうか。
それほど、古い音声です。

 

今日から4回に渡り、この音声を「佐藤康行が、いかに本物であるのかの証明」として、「ナスペック最新音声」に載せさせていただいています。
是非、お聞きいただきたいと思います。

 

さて、佐藤康行の30歳代・・・・。
振り返ってみて、あなたの30歳代はどんな時代でしたでしょうか?

もしかしたら、今あなたはその年代の真っ只中の方もいらっしゃるかもしれません。

佐藤康行のこの時代、レストランの経営をし、現実の世界の真っ只中にいたわけですが、すでにこの時代からその若さで、やはりとてつもないリーダーであったことは明確です。

 

まだ、佐藤康行の中では、自分自身の本当の天命に明確に気づいていなったのかも知れませんが、音声を聞いていると、おぼろげながらでも自身の天命に気づいていたではないか?という気がいたします。

それほど、この音声を聞くと、明らかに天に導かれている様子がわかります。

 

30歳代という若さの中にあり、すでに
「自分はどう生きたいのか?何をしたいのか?」と自身に真剣に問い。
原点は親なのだ。親を大切に出来てこそ、人間を大切に出来る」と、そう明確に語っています。

また、人を育てることへの情熱も語り、すでにこの頃から「心の学校」を作る事の大切さや情熱も語っています。

 

さらに、この時代から佐藤康行は、すでに天から「成功と幸福の言葉」を天から授けられていたのです。

 

研究員は、この音声を改めて丁寧に聞き、たくさんの「なるほど!」「やっぱり!」を味わっています。

今、まさに真我が世界に広がっていくこのタイミングに、一番大切なことは何なのか!?

佐藤康行が何者であるか!
そして、佐藤康行の本当の価値を知る!

ここが我々にとっての原点であり、ここに全てが尽きると、研究員はそのように思うのです。

===========

本日のナスペックの聴きどころ

最新講話ダイジェスト
「時期不明 佐藤康行講演」

NASPCのバナーからお聞き下さい



ナスペックバナー
ナスペック電話

このところの佐藤康行の動きはすごい!
まさに世界中に意識のビッグバン!が起きているようだ。

 

すでにご覧いただいたと思いますが『超・真我メソッド』の動きがすごい!
まだご覧になっていらっしゃらない方は⇒ こちらから(←クリック)
(登録は今日まで出来ます)

 

『超・真我メソッド』が公開された途端、あっという間に拡散されていきました。
SNSの動きは一瞬で世界中に拡散されていきます。

ずっとやりづ付けている、佐藤康行との質疑応答『満月の法則』のユーチューブやフェイスブックの伸びも、すこぶる順調です。
すでに120万を超えるクリック数となっています。

佐藤康行にはこうした無料で誰にでもご覧いただけるもの
それと、それとは対照的とも見える『光の世界』のような、人数限定の二日間というようなセミナーもあります。

しかし、この『光の世界』は、開催のお知らせを出すと、あっという間に一杯になってしまいます。
開催公開後、すぐにキャンセル待ち状態になってしまうセミナーです。

 

研究員には不思議なことがあります。

SNSのように、真我も知らない方に無料で行う講話でも、ある意味高額と思われるセミナーの講話でも、その内容のクオリティーは全く変わりません。
どれも凄いのです!
そのときそのとき、最高最大の佐藤康行なのです。

佐藤康行はどんなときも、徹底して自分の役割を果たそうと、ただそれだけでやっていると、研究員には思えます。

 

不思議です。
佐藤康行という人は・・・!

お金を出して、遠くから会いに来るセミナーも嬉しい。
「まるでセミナーのようだ」と思ってみる、画面からの佐藤康行に会えるのも嬉しい。

では一番何が大切なのか・・・?

これはあくまでも研究員の私見ではありますが、こちら側、すなわち受け取る側の意識の問題ではないかと思われます。

佐藤康行がたとえ話でする、師が求める若者を海の中に連れて行って「何がほしかったのか?」と聞くたとえ話のなかの若者のように「ただただ空気がほしかったのです」と、そうした気持ちで佐藤康行の下に来るという事。

これに尽きるのではないかと思う、ここ最近の研究員です。



ナスペックバナー
ナスペック電話

18年前、白血病という血液のがんで、亡くなられた佐藤陽一さんの話を連日ブログに書いています。

佐藤康行が読む「がんの体験談」とそれからの秘話 ~佐藤陽一さん亡き後のその後~ ①
佐藤康行が読む「がんの体験談」とそれからの秘話 ~佐藤陽一さん亡き後のその後~ ②
佐藤康行が読む「がんの体験談」とそれからの秘話 ~佐藤陽一さん亡き後のその後~ ③

 

今日は、佐藤康行から佐藤陽一さんへ送った、メールの一部をご紹介します。

『佐藤陽一さんへ

陽一さんの真理を求める強烈は思いに、私は驚愕いたしました。
陽一さんの生きる姿勢は、これから多くの人たちに、強烈な影響を与えていくでしょう。

そして、永遠の命を100%信じ、生き抜いていただきたく、私の魂からの思いを、そちらにお送りいたします。

陽一さん、あなたに会えてとっても嬉しかったです。
陽一さんとは魂のご縁でしょう。
ありがとうございます。

佐藤康行 』 

 

佐藤康行の言葉通り、今なお、永遠の命を生き続けて下さっている佐藤陽一さん。
そして、友人や家族、そして我々の心に大きな影響を与えてくれている佐藤陽一さん。

この佐藤康行の手紙は18年前のものですが、まさに今をまるで予言しているかのような、佐藤康行の不思議な言葉です。

 

以前、佐藤康行はこのようにいいました。

人間は必ず全員死にます。
勿論、少しでも長生きするのは素晴らしいことです。

しかし、例え短い肉体人生だったとしても、真我で生き切ったら、それこそ最高の人生です。

なぜなら、人間の本質は、永遠の命なんですから・・・。

 

佐藤陽一さんは、生きている間に永遠の命を悟られ、そして、今なお、私たちに何が一番大切かを教えてくださっています。
真我に目覚めること
本当の自分で生き切ること。

改めて、シンプルではあるけれど、それに尽きることを実感しています。

===========

まさにそのための大切なこと!
それを昨日、緊急映像という事でご紹介しています。

もうご覧いただけましたでしょうか?

まだ、ご覧頂いていない方は ⇒ 「緊急!とてつもない佐藤康行の映像」をクリックしてご覧ください



ナスペックバナー
ナスペック電話

先日、このブログでもご紹介いたしました佐藤康行の「新・黄金の谷の法則実践プログラム」(←クリック)

 

この映像が手に入りました!!

とてつもないこの映像。

一番頂点の話を、思う存分話してくれている佐藤康行のとてつもない映像です。

そして、今まで聴いたこともない話しも次から次へと出てきます。

では、早速、ご覧ください。

いかがでしたでしょうか!?
凄くありませんか!!?

 

この「新・黄金の谷の法則実践プログラム」は、まだまだまだ・・・・・
とてつもなく進化していくことでしょう!!

絶対目が離せません。

 

この映像についてのご質問
及び、「黄金の谷の法則実践プログラム」についての詳しい内容についてのご質問は

YSコンサルタント 03-5204-2041まで!!



ナスペックバナー
ナスペック電話

佐藤康行が、がんの体験談を話すとき、唯一、がんで亡くなった方佐藤陽一さんの手紙を読みます。

30歳代でカリスマ美容師といわれ、幸せな家庭を築き、自分のお店も持って、これから耀かしい人生が待っているかに見えた佐藤陽一さん。

突然、白血病で倒れ、そして、余命宣告も受けていました。

 

中学時代の友人Sさんのご縁で、佐藤陽一さんは命がけで病院を抜け出し、佐藤康行の下を訪れます。
そして、真我開発講座「未来内観」を受講されました。

死を目の前にした彼にとって、リアル未来内観となりました。
体力的にずっと座ってはいられない彼は、横になりながらも命がけの受講でした。

 

その後、ドクターストップがかかり、病室から一歩出られなくなった陽一さんのもとに佐藤康行が訪れます。

佐藤康行はベッドから起き上がれない陽一さんへ、ベッドの上に馬乗りになって渾身の思いで、瞑想や真我の言葉を伝授をします。

 

陽一さんはその後、病の痛みなどをはるかに超えて、とてつもない喜びと感謝の毎日を送ったといいます。
そして、喜びの中、肉体生命を終わらせたといいます。

 

友人のSさんはこういいます。

「陽一のことは、中学時代の地元の友人たちと集まると必ず話に出ます。
中学から彼の生い立ちを知っている私達には、社会に出てからの彼の苦労を思うと、いかばかりだったのかと・・・。
きっと、想像もつかいないくらい人生の荒波をくぐってきたのだと思います。

その彼が不治の病に犯され、そして、佐藤先生とのご縁をつながせてもらうことで、彼がいかに喜んでいたかを奥さんから聞かされ、本当に嬉しく思っています。

佐藤先生には、大切な友人の魂を救っていただき、感謝以外にありません。

きっと陽一は、佐藤先生のお力添えで、魂が人よりも早く成熟し、人間の生からちょっと早めの卒業をしたのだと勝手に解釈しています。

中学時代の友人とはいつもこんな話をしています。
いつかは我々も、肉体の人生の卒業を迎える。
陽一よりずいぶん長く生きた我々は、果たして彼の覚悟に近づいていられるのか?

陽一が私たちの残してくれたものは、われわれにとって大きなものです。
かけがえのないこの命、今、この瞬間から、日々味わって生きていかなければと思います。」

陽一さんの中学時代の友人の皆さんにとって、今だ、陽一さんは、心の中に生き生きと生きているようです。
それほど、陽一さんは、死してもなお今でも、皆さんの中でいき続けていらっしゃるのです。

===========
明日は、佐藤陽一さんに、佐藤康行が送った言葉をご紹介いたします。
その言葉とは・・・?

どうぞ、明日の朝8時に、是非、ブログをご覧頂けたらと思っています。



ナスペックバナー
ナスペック電話

昨日から、佐藤康行が「がんの体験談」として昔からよく読んでいた、佐藤陽一さんのその後のお話(←クリック)を書いています。

佐藤康行が病院を訪れて、佐藤康行と会話をし、多くのことを伝授された後の陽一さんは、本当に幸せそうだったといいます。
その時に、お礼状として書かれたものが、いつも佐藤康行が読で聞かせてくれるあの悟りの言葉になります。

命の全てを佐藤康行に届けるがごとくの、長い長い佐藤康行への手紙です。
その一部を佐藤康行が読んでくれますが、その出だしと、最後の部分も書き添えておきたいと思います。

『佐藤先生

私は両親、両祖父を早くして亡くしました。
自分はどこから来たのだろう。どこへ向かって何の意味で生きているのだろうと、自問自答の毎日でした。

(中略)
真我はノーベル賞に匹敵する発明だといっても、過言ではないと、今、ベッドの上で感じ取って疑いません。

我々一人ひとりの肉眼では見えない「宇宙」のリズムに乗ることこそ、真我を知ったものの役目であり、使命なのではないか・・・・。そう感じるのです。
(後略)』

 

病院の玄関で、佐藤康行を送った陽一さん。
それからの彼の毎日は、感謝と喜びの毎日だったという事です。

痛みの中でも、苦しみの中でも、ただただ感謝と喜びを佐藤康行へ、そして、回りの皆さんへ送り続けたといいます。

 

彼が亡くなった後
どれほど彼が喜びの人生を全うしたのか!
そして、どれほど、毎日を充実していたのか。
さらに、どれほど佐藤康行への感謝、そして回りの全てへの感謝で溢れていた毎日だったのか・・・・!

真我に縁を結んだ、友人のSさんはそのように言います。

陽一さんの奥さんも、どれほど彼が感謝と喜びの中で、旅立っていたのか・・・・・。
その彼の最後の生き様!
彼の感謝を!
葬式に来てくださった皆様へ、奥様の感謝も加えて、伝えていただいたという事でした。

===========

明日は、佐藤康行が陽一さんに与えた言葉。
そして友人のSさんの言葉をお届けしたいと思います。

明日もまた、8時にお目にかかりましょう!



ナスペックバナー
ナスペック電話