何故あえて水子?

※この内容は、研究所が立ち上がる前の研究員個人ブログのアーカイブです

「究極の自尊心」
自分を心から尊敬でき、愛するようになって初めて人も心から認められるようになる。

私達はこの究極の自尊心を持っているし、求めている。
何よりも、まず、自分自身を認められるようになることが出発です。

しかし、水子というのは、一度として世の中に人間として出ることが出来ず、ましてや最大のよりどころでもある愛する親から抹殺されるという、そんな経験をしている。
実際に、運よく(?)生まれてきたとしても、実は、妊娠中に「この子は産みたくない」「この子いないほうがいい・・・」そう、思った、もしくはそう思われただけで、実は、深い潜在意識の中ではそのことが分かっているのです。

そうした究極の自尊心を傷つけられて生まれてきた人が、ウツや引きこもり、訳のわからない自殺願望などを持つといいます。

では、そうした人はどうしたらいいのか・・・?
もし、自分がウツや引きこもり、何故か判らない自殺願望がある。深い部分に自分自身を認められず、何故か自分を抹殺したい欲望にかられる・・・。
そうした人はどうしたらいいんだろうか!?

そうした人のために「水子」のワークというのはあります。
たった、ワーク自体は簡単で短い時間です。

しかし、そのワークを体験すると、不思議に自分自身の深い心の中にあった罪悪感や人間不信もすっかり消え、また、人に対する恨みの心も消え去ります。
そればかりか、今までにない喜びの心。人に対売る感謝の心。愛する心が自然にわきあがってきます。

実は、誰のためでもない、自分自身のための誰でもが必要なワークなのです!!



ナスペックバナー

ナスペック電話