佐藤康行のベストセラー

※この内容は、研究所が立ち上がる前の研究員個人ブログのアーカイブです

古いテープを落としていることは、何度も書きましたが、100本を超える頃から、全くブログが書けなくなっていました。
「私はどれほど佐藤康行を知っているのか・・・・・」という疑問が心に湧き、書くことが出来なくなってきたのです。

言えば、それほど、佐藤康行の音源は強烈なわけです。
聴けば聴くほど、「佐藤康行はいったい何者か!?」という気持ちが強くなっていたのでした。

しかし、数日前から、私の心にも心境の変化があり、「佐藤康行なる人物は捉えきれないけれど、私の捉えている佐藤康行を私なりに書いてみよう」という気持ちになり、また、少しずつ書き始めようと思っています。

さて、ここのところ、佐藤の本が電子書籍となり、アマゾンのランキング1位に次々となっています。
既に、3冊発行されたのですが、3冊ともランキング1位となり、今もずっと売れ続けています。

以前、私がある宗教に入っていたことは、このブログでもご紹介しましたが、その宗教も教祖の書籍をベストセラー化し、教祖の講演会を開催して布教をしていたわけですが、その中で書籍をベストセラー化することは、組織ぐるみで大変な思いでやってきた経験があります。

宗教の場合は、かっちりとした組織が全国に出来ていて、地方単位、県単位などで組織化されていて、中央からの命令一過、割り当てられた冊数を組織で買い占める訳です。

「積んどく功徳」とか言われ、地域のリーダーの家庭には、何百冊近くベストセラーにするために買い締めた本が山にように積んであるある訳です。
それを見た家族とのもめごとなども、よく耳にしたものです。

勿論、そうして作為的にベストセラー化させる訳ですから、すぐにランキングから落ちていきます。

しかし、佐藤康行の書籍のベストセラーは、それとは全く異なるものです。

最初に電子書籍化された「究極のセールス」も3週間以上たった今でも売れ続けているのです

3冊ともが売れ続けているのです。ランキングの上位を占めているのです。

出版社の方も、予想以上(?)の売れ方に「私どもも本当に驚いています。この売れ方は、佐藤先生の隠れファンがいるとしか思えない」とおっしゃっていたのもうなずけます。

テープを聞いている私は、過去、どれほどの人数の方が、佐藤康行に救われ甦っているかということを、毎日、音声を通して聴いているわけですから、この書籍のランキングには思わず納得しています。

よく、宗教でも企業でも「数の論理」で、どれだけの大勢の人数がいるのか・・・・で競いますが、やはり、本当の力はこうした所に出てくるものだと、改めてつくづく思った次第です。



ナスペックバナー

ナスペック電話