佐藤康行「悟れないことがわかるのが悟ったこと」

「五感を持った人間は、神を悟れないという事がわかることが悟ったという事です」
昨日のメンタルパワー主催の「パーフェクトミッションセミナー」2日目の午前中の出来事です。

「えっ??・・・えぇっ !!!」
思わず、フリーズしながら椅子からずり落ちそうになりました。

佐藤は
「人間の五感で捉えると、無限は有限になり認識するための時間と空間を作りだす。それは、神の世界ではなくなる」
というようなことを言ったように記憶しています。

「真我は宇宙」
「宇宙は無限」

ちょっと、待って下さい!!
頭が追いつかないんですけど・・・・・!!

「五感を持っては悟れないことを、何故、五感を持った佐藤康行はわかるのですか??」
と、質問したら

「私はぶっ壊れた時があって、その時宇宙を見た」
確か、そんなことを言っていたような気がする。

「ビルの中の部屋があるでしょ。空が見えないけど、ビルがぶっ壊れたら空がみえるでしょ」
と、こともなげにそのように言っていた・・・・・。

 「私の人生は、この大前提を証明するための人生です」
「アセンションは比喩。神の世界には意識はないのです」
 

佐藤は目の前の「おしぼり」を持って、私達にこう言いました。

「私達はこうして何かをつかんでるでしょ。死んだらパタッと手からオシボリが落ちて、オシボリは神の世界の元に戻る力が働いて下に落ちるでしょ。」
「真理は○○ですね・・・じゃない。絶対なのです」

・・・・と、いうようなことも言ったような気がする・・・・。

佐藤は
「私は、あなたの言う通りにします!と神に合掌した時から、神に負けたのです。全面降伏したのです」
「ですから、お手上げです!から出発することが、悟りなのです」

そのようにも言っていました・・・・と、いうような記憶が、私にはあります。

・・・と、いうのも、昨日の佐藤の発言に、私は大きな衝撃を受け、それこそ、頭がぶっ壊れてしまっていたのです。

あぁ!!
佐藤は近づこうとすればするほど、遠ざかる・・・。
知りたいと思えば思うほど、わからなくなる・・・・・・。
あぁ(ため息・・・・)



ナスペックバナー

ナスペック電話