佐藤康行「ダイヤモンドシナジープロジェクト」

※この内容は、研究所が立ち上がる前の研究員個人ブログのアーカイブです

佐藤康行は言います。

「人は人の一方的な話を聞きたくないものなのです」
「皆、自分の事なら関心があるのです」
「自分と同じ事、同じような出来事なら聞きたいのです」

「なるべく相手に参加をしてもらうのです」
「自分ごとにしてもらうのです」

これは、相手に自分の話が伝わらない事に対しての質問に、佐藤が答えた話です。

ある意味、難しい話は一つもありません。
聴けば、その通りですし、誰にでもわかる話です。

しかし、たったこの一つだけをとっても、なかなかやり切れ無いのが人間です。
どうしても、自分の事をしゃべりたくなってしまうのです。

佐藤の凄い所は、自分がやっていることしか言わないことです。
空理空論や「かくあるべし」ではないのです。

自分の言った事は、必ず、絶対やり切ります。
全てやり切っているから、やれるから、言っているのです。
そこからは、一度としてぶれた事はありません。

ブログを通じて、今までたくさんの佐藤の言葉をご紹介させていただきました。
佐藤の言葉は、「生きた言葉」です。

それは、佐藤の人生の中から、生まれ出た言葉であり、
佐藤の体験の中から辿りついてきた言葉でもあります。

ですから、この「生きた言葉」が、人を生き返らせ、人を蘇らせるのです。

「魂は摩擦で磨かれる。そして、そこに大きな気づきがある」
本当に魂を摩擦で磨かれ続けてきた、佐藤だからこそ、この言葉の中の深さが伝わってきます。

「あなたが素晴らしいという事」
「あなたの素晴らしさの価値をちゃんと伝える事。」
「必ず伝わる!!」

「正しく伝えれるかどうかだけ。それにかかっている」

発信者側にエネルギーを変えて聞く事。
それが、今、佐藤が取り組んでいる「ダイヤモンドシナジープロジェクト」です。



ナスペックバナー
ナスペック電話