佐藤康行「男と女の真理コース」7月度

※この内容は、研究所が立ち上がる前の研究員個人ブログのアーカイブです

男と女をマジックミラーで見てみると、そこにはどんな世界が見えるのか?

昨日は、佐藤康行による「男と女の真理コース」(メンタルパワーズ主催)が行われました。
さらに明確に!さらに進化した、佐藤康行の「男と女真理コースです。

「今日明日で、何年かかっても分からなかった事をやっていきます。」
「今日は、今までを無しにして、生まれ変わるつもりでやりましょう」

一日目がスタートしました。
ここのところ、佐藤康行は、本当にゆっくり、じっくり、私達に分かるように説明をしてくれます。
そして、分からない部分の質問にも、丁寧に答えてくれます。

身体全体にどんどん沁み渡るように「あーそうか・・・・。」と分かり始めます。
しかし、ここからが佐藤康行の佐藤康行たるところです。

すでに、説明不能な事をやっていて、説明不能な事をあらゆる図で説明し、それが、私達に分かるだけでも歴史の中でも稀であると思うのですが、佐藤康行はそこに留まりません。
さらに、踏み込みます。

真我を開いたその瞬間を、いかに永続的に継続的に出来るか!
この、人類史上初めての事に挑んでいるのです。

これが意識的に誰でもが出来るようになるとしたら・・・・・!
この人間の世界は、どうなるのでしょう?

それこそが、人類が夢にまで見た、ユートピアの出現が現実になると、私は思うのです。

「男」と「女」。
神(宇宙)が作った仕組み。
この仕組み通り、人類が生きる事が出来れば、人類はこの地球に存続することが出来る

しかし、それを阻む記憶。
それが、「原罪」と言われるものであり「因縁」ともいわれるものです。

そう佐藤康行は言いました。

そして、佐藤康行による真我の引き出しが始まりました。
深ーーーーい部分の「原罪」そして「因縁」が消えていきます。

そして、自分を許した時に、既に「許されていた」事を深く深く体感しました。

開いた真我を逆戻りさせない!
他のものと混ぜたり、自分流にしない。

ただ、ひたすら、自分に集中する。
人と比較しない。

この、大切さを痛感しました。

休憩時間に、皆さんから思わずもれた言葉・・・・・。
「あ 、心の中を大掃除した感じ」
「こんなに、念入りに大掃除したのは、始めて!」
「すっきりしたわーーー」

どれほど、凄かったか伝わりますでしょうか?



ナスペックバナー
ナスペック電話