「佐藤康行研究会」名称変更

※この内容は、研究所が立ち上がる前の研究員個人ブログのアーカイブです

どうしても、お伝えしたい事があります。

このブログの名称が、「佐藤康行研究会」から「佐藤康行の真我研究会」に変更した事はお気づきになられているでしょうか?
実は、数日前から、変更しているのです。

何故変更したのか?
今日はその部分をお伝えしたいと思っています。

佐藤康行が、絶対に守っている事。
それは、究極の平等。

「私がやっているのは、宗教でもありませんし、勿論、私は教祖でもありません。
私が言っている事、やっている事は、あなたが素晴らしいという事なのです。」

「そして、あなたを生みだしてくれた、お父さん、お母さん。
そして、先祖が素晴らしいと言っているのです」

「あなたの本質は、素晴らしいあなたで、愛そのものです」
「あなたは、そのあなたの素晴らしさに感動して、泣いているのです」

そう、佐藤康行は言っている訳です。

佐藤康行が一貫している部分であり、一度としてそこからぶれた事はありません。
過去のテープにおいても、一貫しています。

「事実実証」
その事だけをやり続けてきた、この姿勢も、佐藤康行ならではのこだわりと謙虚さだと、私は思っています。

佐藤康行は、誰かにそうするように言われたわけでもありません。
ただただ、ひたすらに。
誰かに理解される事を期待するでもなく。
ただただ、自分のやるべき事を、やり続けている。

この絶対の誠実さと謙虚さ。
だからこそ、「佐藤康行研究会」を「佐藤康行の真我研究会」に変えようと思いました。

佐藤康行は、決して「佐藤康行」という個人が凄いと言われる事を望んではいないと思うのです。
佐藤康行が一貫して言っている事は「皆さんの真我が素晴らしい」と言う、ここに尽きると思うのです。

「もともとあなたは真我そのもの」
「原石であろうが、どうであろうが、あなたはダイヤモンドそのもの」
「本物は、どう言われようが、どう思われようが本物」

佐藤康行の言う「究極の平等」そこに尽きると思います。

ですから、私もこだわりを持って「佐藤康行の真我」研究会と名前を変えたのです



ナスペックバナー

ナスペック電話