佐藤康行「11のポイント」

※この内容は、研究所が立ち上がる前の研究員個人ブログのアーカイブです

愛と感謝の心で、毎日を生きていきたい。
真我を開いた、そのままの心で人や出来事を観る事が出来たら・・・・。

「究極の継承」セミナーで、ワイエスコンサルタント岡田社長が、「継続のポイント」という話をしました。
それは、事務所が八重洲に移ってきた頃に、佐藤康行が何度も話してくれていた事です。

マジックミラーの法則が出て来た今、改めて聞くと、何故か深いものを感じ、ここに書き記しておきたいと思いました。

1.混ぜない
アウトプットとインプットを混ぜない。
本当のあなたから出てくるものと、どこかで、誰かから教わって、そう思いこんでいるものとは混ぜない事。

2.慢心しない
真我を追求する中で、今までにない出来事が起こってきます。
その黄金の雨を、天に返す事。
自分の手柄にしない事。

3.素直に恥ずかしい所を出す
自分の弱い所をさらけ出す。
「弱い人が強い人」

4.即実行
真我には踏み込みの良さが大切。両足で踏みこんでいく事。
へっぴり腰でやっていると、危ない。

5.遠心力と求心力
人を集めようとか、ここから離れようとか、そんな作戦の世界ではない。
エネルギーが上がった時に、今までとは違う人が寄ってきたり、親しかった人が離れていったりする事もあるが、それも気にせず、ただただ自分のやるべき事に集中する。

6.サンタのそろばんをはじく
どれだけ、相手が喜んでくれるのか、そこ一点を見て実践する。

7.捨てる哲学
より価値のあるものが出てきた時、握っていたものは自然に手放せる。
無理に手放させようとすると、余計にそれにしがみついてしまうものである事を知る。

8.自分を認める
心は認めたら、認めた分だけ存在してくる。
自分の変化。仕事の実績。家族の変化。
どんな小さな変化も全て認めて、それを大きく膨らませていくことがコツ。

9.ぶれない
「良い事」「悪い事」を分けない。
良い事と思える事は、自信にし、悪い事と思える事は、さらに力がつくと思えばいい。
宇宙には、良い事も悪い事も、もともと無いのだから。

10.誰のおかげで今があるのか
原点は誰なのか?
そこに感謝の心を忘れない。

11.諦めず、さらに追求する
真我は無限。
際限なくさらに良くなっていく。

改めて聞くと、どんな事にでも当てはまる大切な11項目だと思えたので、ここに書き留めて置きたいと思いました。



ナスペックバナー
ナスペック電話