真我こころのクリニック

※この内容は、研究所が立ち上がる前の研究員個人ブログのアーカイブです

佐藤康行がやっている事のひとつに『真我こころのクリニック』があります。

ここで日々、どんな出来事が起きているのか・・・・!
それをつぶさに知ったら、多くの方がどれほど驚かれる事だろうかと思います。

今までも、真我開発講座で心の病が治ってしまったと、体験談を寄せらる方は多くいらっしゃいました。
しかし、どの程度、治ったのか?
本当に治ったのか・・・・?

数値にしてどうなのか。
医学的にどうなのか・・・・。

その辺りは明確には出来ていませんでした。
あくまでも自己申告とご本人の体験でした。

自己申告でも、「治った」と実感され、苦しみから解放されていらっしゃるだけでも、かなり充分であると思いますが、佐藤康行はそこに留まってはいません。
さらに、心の病に特化した「クリニック」まで作り、そこでの医学的な証明まで踏み込んでいるのは、やはり、佐藤康行のやっている事への確信に他ならないのではないかと、私は思っているのです。

そこで、毎日、毎日繰り広げられているドラマ・・・・。
そこではどれほどの人が救われているのか・・。

大変、興味あるところです。

現代は、「うつ」と自覚している方が多いと聞きます。
そして、なかなか簡単に治らないとも聞いています。

それは、心がどうなっているのか。
その仕組み、そして、心を扱うにはどうすればいいのか。
その肝心なところの急所が、わかっているようで分かっていないのではないだろうかと思うのです。

もし、「うつ病」が、薬を使う事もなく、短期間に治ってしまうとしたら、どうでしょうか?
そんな事が日本中で出来るようになったら、どうでしょうか?
誰か困る人はいるのでしょうか?

それが確立されたあかつきには、どれほどの人が救われるのか・・・・!
そして、鬱と言われた人が、治っただけではなく、さらに世の中の人のために、大きな力を発揮できるとしたら、どうでしょうか?

それは、多くの「心の病」を抱える企業も、そして、日本全体も、どれほどの力を得る事が出来るのか・・・・!
想像してみてください!

佐藤康行がやっている事をよく見て下さい。
夢のような出来事だと思っている事が、目の前の現実だという事がはっきり分かります。



ナスペックバナー
ナスペック電話