佐藤康行「究極のマジックミラーの法則」1dayセミナー

※この内容は、研究所が立ち上がる前の研究員個人ブログのアーカイブです

昨日は、IGA主催による「究極のマジックミラーの法則」セミナーでした。
タイトルに偽りなし!
まさに究極のセミナーでした。

マジックミラーの大宇宙と小宇宙が繋がり、天地合一されると、一気に黄金の雨が降ってきます。
そして、その黄金の雨をさらにどしゃぶりにさせる・・・・!
この言葉通り、そのままの体感をします。

昨日は、受講者全員で、佐藤康行の「成功と幸福を呼ぶ言葉」を声を出して読み、その後、一気にマジックミラーを開くという、今までにない、天地合一の奇跡を体験しました。

「言魂」の力!
この力が、マジックミラーを開いていく上で、いかに有効かという事も、昨日の体験で実感しました。
「成功と幸福を呼ぶ言葉」の言魂が、マジックミラーの扉をググッー!と一気に開けてくれます。

そして、黄金の雨がさらにどしゃ降りになった時に、次々と起こる奇跡!
その中で、今日はSファミリーの奇跡のお話をご紹介します。

京都のSファミリーは、今回、家族ぐるみでの参加です。
Sさんの弟さんも参加でした。
弟さんは、病院で診察を受けていらっしゃらないので、はっきり病名がついている訳ではありませんが、多分、病院へ行けば「統合失調症」と診断されるのではないかという状態に見えます。

講座が始まってから、ずっとひとりごとを呟いています。
その弟さんの傍らには、お身体が不自由なお母様が寄り添っていらっしゃいました。
講座の途中も、椅子二つを並べ、そこに横になりながらも、参加し続けていらっしゃいます。

Aさん、K君も一緒に、家族総出で弟さんのために、命がけのマジックミラーを開けながら、天地を合一されていっています。
Aさんの弟さんも、甥のK君に付き添われながらも、佐藤康行の前に座ります。

一瞬です!
それは、一瞬の出来事でした!

変わったのです。
明らかに変わったのです。
この一瞬からは、さらに秒単位で変化していきます。

もう、独り言もなくなりました。
ご自身で佐藤康行の言葉をノートに書いていらっしゃいます。

顔つきもまったく違います。
座っている姿勢も、歩く足取りも違います。

そうなんです!
別人のようになっているのです。

これが、佐藤康行のやっていることです。

佐藤は言いました
「Sファミリーの『愛の力』ですね。
私がやっているのではないのです。
皆さんの愛の力です」

「私は、何も教えていません。
『教え』とは、ま逆です。
私は、皆さんが素晴らしいという事をしんじている。そして、それがわかっているから、思いっきり出来るのです!」

昨日、私がミタ世界。
それは、佐藤康行を北極星として、その周りに無数に光る星が、運航している姿です。

佐藤の元にあつまる、いろいろな事情を抱えながら生きている人々。
そのいのちが、輝きながら、刻々と動いている。
動いているように見えるけれど、実は、もともとそこにある・・・・・。

そんな壮大な宇宙を眺めているような、深い深い思いになったのです。



ナスペックバナー
ナスペック電話