佐藤康行「男と女の真理コース」IN大阪

※この内容は、研究所が立ち上がる前の研究員個人ブログのアーカイブです

昨日は、佐藤康行による「男と女の真理コース」(メンタルパワーズ主催)が初めて大阪で開催されました。
この講座は、普通の講座とは少しテイストが違っていますが、昨日もさらなるディープな講座となりました。

この男と女というテーマは、綺麗事では済まされません。
面と向かって取り組まねばならないテーマです。

それだけに踏み込みが大切になります。
昨日も踏み込みの良さと、自分のテーマとしての熱心な取り組みで、参加者全員がかなり深い部分まで入って行きました。

男女というテーマでの講座は、世の中にはいろいろありますが、佐藤康行がやっている事はそれらとは全く違っています。
男女が何かをすることで仲良くなるのではなく、スタートラインが「もともと愛し合っている」からスタートなのです。
真逆なのです。

一番後ろに「悟りを得る」を持ってくるのではなく、「もともと悟っている」をスタートラインにしているのです。
ですから、世の中にあるどんな講座とも比べ物にならない深さと効果があるのです。

男と女がひとつになることで、新しい生命が誕生し、そして、種の存続が出来る神の仕組み。
その仕組みの中に、私たちは生きています。

ゆえに、愛し合う男と女は、「わかって欲しい」気持ちが強くなるのです。
そこに苦しみと見えしもの、悲しみと見えしもの・・・・・・そんなものがあるかのように思えるのです。

しかし、佐藤康行の男女の講座で、あっという間にそんな妄想は消え、もともと愛しあっている男と女になっていきます。
それだけの深味と高さと広さがあります。

この奇跡の講座を可能にしているのは、佐藤康行ならではの事です。
全てを見通している、佐藤康行ならではだと私は思います。

人間の視点の男と女ではないのです。
神の視点に立った時、男と女はどうなのか・・・・!?

人間がその視点に立つ事は不可能だと思っていましたが、今、こうして佐藤の元で観る事が出来るという事。
これがどれほどの奇跡かという事を、昨日、私は強く思い知る事ができました。

今までの総決算。
まさに、再出発。
そんな、心がひっくり返ったような一日目でした。



ナスペックバナー
ナスペック電話