「佐藤康行研究会」IN大阪

※この内容は、研究所が立ち上がる前の研究員個人ブログのアーカイブです

昨日は「佐藤康行研究会」を、大阪の中根ご夫妻が主催して下さり、多くの皆さんのご参加で、本当に楽しく充実した講演会を行う事が出来ました。
まずはブログ上にて、ご参加の皆さまに心から感謝申し上げます。

驚いたことに、ご参加頂いた全員がブログの読者だったという事です。
改めて、多くの皆さんにお読みいただいてるという実感を持ちました。

毎日、毎日こうして書きながら、日々お読みいただいている皆様への感謝の気持ちを書くことをしていないことに気づき、これも改めてどれほど有り難いことなのか・・・・・!
ブログをお借りして、改めて皆様にお礼申し下ます。

皆様・・・!
毎日お読みいただき、本当にありがとうございます!

また、改めて、皆さまがどれほど佐藤康行に関心を持ち、どれほど佐藤康行が大好きなのか・・・!
それも良くわかりました。

佐藤康行は皆さんの数だけ、皆さんの心の中にいることも良くわかりました。
そして、どれほど皆さんの心を支えているかという事も良くわかりました。

たくさんの事がわかった昨日でした。
たくさんの事を教えて頂き、ご参加の皆様、そして、ブログをお読みの皆様。
本当にありがとうございます。

私にとって、一周年にふさわしい「佐藤康行研究会」となりました。

さて、昨日は東京においても、佐藤康行による「黄金の雨が降るセミナー」が行われていました。
そのためか、大阪の会場も初めから大きく盛り上がっていました。

ご参加のある方が、講演会終了の時、こう言われました。
「光が凄く見ました。
渡辺さんの後ろに、誰か、大きな光が見えました。
そして、会場の中にも光がキラキラして見えました」

それを聞いていた、もう一人の方も
「私も見えたよ。
よく学長の講座の時に、受講者の頭から白い何かが見える時があるんだけど・・・・。
それと同じものが見えて、びっくりした!」

私自身も不思議な体感がありました。
佐藤康行に意識を向けるワークをやっている時でした。

温かく懐かしい空気が、後ろからフワッと感じたのでした。
「あっ!学長が来ている・・・!」
そう感じたのでした。

それから、盛り上がっていた会場全体が、さらにさらに大盛上になり、みんなの心が一つになったような気がしたのでした。

佐藤康行は物理的距離は無いと言います。
まさに、時空間を超え、佐藤康行と参加者全員が一つになった、そんな「佐藤康行研究会」の講演会でした。

そして、昨日は大阪から、みんなで「学長!ありがとうございます!」
そう、心の中で叫んだ一日でもありました。



ナスペックバナー
ナスペック電話