天の蔵に徳を積む

※この内容は、研究所が立ち上がる前の研究員個人ブログのアーカイブです

「天の蔵に徳を積む」という、禅の言葉があります。

先日、佐藤康行にある質問をしたら、佐藤はふとしたように、こう言いました。
「私は、今までに、ずいぶん天の蔵に徳を積ん出来たから、そろそろそれがザーと黄金の雨になって降ってきているのでしょう」

どのような質問か?
それは、ここ最近の佐藤康行の講演会やセミナーの人の集まり方が、尋常では無いので、そのことについて質問したことについて、そう答えてくれたのでした。

そうなんです。
このところ、佐藤康行のセミナーや講演会の集まり方が、尋常ではないのです。
さすがに、一年もおっ掛けをしているとそれに気づきます。

ワァ――ッ!という感じで、人が集まるのです。
予定定員いっぱいの人が集まって来るのです。

それは、まるで黄金の雨が降り注いでいる所に、どの大きさの器を出そうが、どしゃ降り状態になっている黄金の雨はすぐに器一杯になるのと同じような様子なのです。

集まり方が今までとは明らかに違うように感じるのです。
佐藤康行の講座の案内があると、あっという間に人が集まります。

何かをやったから集まるという感じではありません。
佐藤康行のいう「100発100中の世界」
何をやってもうまくいく・・・・、その実証のような世界です。

佐藤は天の蔵の話しのあと、続けてこう言いました。
「私は、ホームレスになっても全く怖くないのです」
「何故なら、私がホームレスになったとしても、協力してくれる人は一杯いると思うのです」

聞いていた一人が
「もし、学長がホームレスになったら、家に是非泊ってください」
そして、「私も・・・。」
「私の家にも・・・・。」
その時、いた全員がそうなりました。

みんな、佐藤康行に協力したい人ばかりでした。
ここにいる人ばかりではありません。
少しでも、佐藤康行に協力できるなら、こんな嬉しいことはないと思っている人は、日本中に、いや世界にも一杯いることでしょう。

そうなのです。
佐藤康行がホームレスであろうが、心の学校の代表者であろうが、実は関係ないのです。
佐藤康行は佐藤康行。

今までの、佐藤康行の全ての生き方。
佐藤康行全てが、佐藤康行なのです。

佐藤の人生そのものが「天の蔵に徳を積む」人生。
まさに多くの陰徳を積んでいると思えます。

佐藤康行に出会わなければ、すでにいのちがなかった人も多くいるでしょう。
佐藤康行に出会わなければ、そのまま病でいのちを失った方も多くいたでしょう。
佐藤康行に出会わなければ、誕生しなかったいのちも一杯あるでしょう。

その出来事に感謝した人も、気がつかなった人も、忘れたかに思える人もいるでしょう。
本人が気づく前に、未来が予変してしまっていて、気付かない方も多くいるでしょう。

その数たるや、想像もつかないほどです。

それが黄金の雨として降って来る!
それこそ、楽しみです。

ここ最近の佐藤康行のセミナーや講演会の集まり方は、その予兆だと思えます。



ナスペックバナー
ナスペック電話