佐藤康行「黄金の雨が降る」セミナー

※この内容は、研究所が立ち上がる前の研究員個人ブログのアーカイブです

奇跡です!
感動の奇跡が起きました(涙)!!

昨日のダイヤモンド・コンサルタント主催、名古屋で開催された、佐藤康行による「黄金の雨が降る」セミナーで、感動的な出来事が起こりました。

この二日間は、たくさんの奇跡が起きています。
どれもこれも、本当に感動的な出来事です。

まずは一番に皆様にお届けする奇跡は、以前、ブログの体験談としてご紹介した、Tさんがお父さんとご一緒に受講された奇跡。
この奇跡をご紹介致します。

 Tさんは、お母さんのお腹で4か月目のとき、父親が失踪。
生まれてから一度も、父親には会っていませんでした。

新しい父親を本当の父親として、Tという名字で人生を生きてきました。
そして、真我を追及する中で、自分にDNAとして深く人生に関わっているだろう父親のことが気になりだしました。

佐藤康行にそのことを質問をしたとき、佐藤から「父親を探せば、必ず会える」と励まされました。
佐藤の言葉通り、まだ見ぬ父親を探しはじめ、ついに彼女は、父親を捜し当てます。

なんと、父親は50年間(母親の前から失踪してからずっと)精神病院に入院していたのです。
そして、彼女は病院で父親に会います。

すでに日常会話さえままならず、歩くことさえままならぬ77歳になっていた父親を、彼女は佐藤康行の面談につれてきました。
佐藤康行のアドバイスで彼女は父親といるときは、父親の姓である「井上」と名乗ります。
そして、佐藤の導きにより内観受光。そして、感謝の心で「お父さん、私は井上○○子よ。お父さんの娘よ。」
「おとうさん、ありがとう。おかあさん、ありがとう」

すると、お父さんはみるみる表情が変わったのでした。
その後、お二人で真我開発講座に参加されたのでした。

そして、昨日は佐藤康行の「黄金の雨が降るセミナー」に、親子二人で参加されていました。
佐藤の前に並んで座られた、お二人の胸には「井上△△」「井上○○子」と、名札がついています。
本当に仲の良い、親子にしか見えません。

父親の肩を抱きながら、仲よくお二人で一日受講された、その姿は、受講者全員の心を強く打ちました。
そして、佐藤康行のやっていることがどれほどのものか、まさに事実実証そのものでした。

その井上さんから、ブログのためにこのようなメールを送っていただきました。

『講座が終わってから、いろんな方が、父の所に来て下さって、お礼を言ってくださいました。
そこで、父もこぼれんばかりの笑顔になって、「ありがとうございました!」と言っており、私も感謝の気持ちでいっぱいになりました。

最後の最後に学長の所に行きましたら、父が学長に最高の笑顔で「幸せです!」と言っており、こんな嬉しいことはありませんでした。
そして、「キリスト教はもういい(もともとキリスト教をやっていらしたようでした)。真我で生きます!!」と最高の笑顔で言い、学長と一緒に「バンザーーイ!!」と言っていました。

私にも今日の講座で、どしゃ降りの黄金の雨が降り注ぎました。

帰りの車の中では、雨の中「黄金の雨だね 」と、父と話しました。
本当に私、今、幸せです。
この幸せは、学長との出会いでしか、たぶん、味わえなかったと思っています。

佐藤学長には、感謝でいっぱいです

どうでしょうか!?
本来なら、憎んでも構わない父親だったかもしれません。
父親も、娘に一生会うことなく、病院で肉親もなく一人死んで行ったのかも知れません。



ナスペックバナー

ナスペック電話