生命を超越したもの

※この内容は、研究所が立ち上がる前の研究員個人ブログのアーカイブです

佐藤康行は方便自在です。
真理という、目に見えないものを、あらゆるものに例えて、私たちが分かりやすくに話してくれます。

一昨日の佐藤康行が語った、カラオケの話の続きをしましょう。

カラオケの中にはどんなCDが入っているのか分かりません。
自分でも思わぬCDが鳴りだすこともあります。

「こんな曲が入っていたとは・・・・!?」
その曲が鳴りだすまで、自分でも判らないことがあります。

自分の心地よい曲ばかりとは限りません。
聞くに絶えない曲もかかります。

そもそも、私たちはある程度、どんなCDが入っているかは知っています。
素晴らしいCDか・・・。
闇へ向かうCDか・・・。

それを鳴らすボタンは自分自身の環境です。
環境が縁となり、CDが流れははじめるのです。

しかし、その環境も、実は自分の心の現れなのです。
なぜなら、結婚相手も職場も、その環境を選んだのは自分自身だからなのです。

しかし、最も良きCDが鳴りだす可能性があるのです!
実は、そのCD奥にあるものがあるのです。
その奥なるものは、全てが一つのもので、CD全てを愛の曲に変えることができるのです!

即ち、私たちが真我を覚醒すると、CDのバックコーラスが全て愛のバックコーラスになるのです。
恨みだったバックコーラスが、愛のバックコーラスに変ってしまうのです。

どれだけ、自分自身の環境が闇だと思っていたとしても、その暗闇さえ利用できることが出来る。

「明るさ暗さを越した世界がある
それが真理の世界です」

そう、佐藤康行は言いました。

その光は人間が捉える明るさ暗さの世界ではない。
言うなら「愛の光」なのです。

「それは、生命を超越したものです」
そう、佐藤康行は言いました。



ナスペックバナー
ナスペック電話