佐藤康行「宇宙と命のシステム」一日目

※この内容は、研究所が立ち上がる前の研究員個人ブログのアーカイブです

「私はたったひとつのことしか言っていません。それは、シンプルで簡単なことです。
5分で終わる話なのです」

佐藤康行が30年ほど前に「観えた」世界です。
この世のこと、宇宙のこと「全てが観えた」世界です。
宇宙の本質が全て分かった佐藤にとっては、この極めてシンプルな簡単な話を、ひたすら実証し続けてきた30年でした。

10万人を超える実証者。
100冊を超える書籍の出版(電子書籍を含む)
さらには、いよいよクリニックまで持つに至ったのです。

佐藤康行のやっていること。
佐藤康行の語る一言、一言。
全て、たった一つのことなのです。

今回の、「宇宙と命のシステム」という講座。
理論で理解するという、始めてのアプローチでした。

会場は多くの受講生で一杯です。
どれほど、皆さんが知りたいと思っているかが解ります。

改めて、佐藤の隙のない理論を聞いていると、手も足も出なくなる自分がいます。
認識を超えた世界。

人間がかつて知りえることが出来た限界をすでに超えた世界。
その世界を、言葉にして説明している佐藤康行という存在。

今日は残念ながら、私も説明不能状態です。
今、自分が置かれている状態が説明不能です。
(多分、絵で表現するなら、口をポカンと開いて、目が点になっている状態です。)

ブログをお読みの皆様に、少しでもお伝えしたいと思うのですが、
どんな話をしても違うように思えるのです。

ただ、ひとつだけ解ったことは、佐藤という存在が想像を超えた存在であるということです。
これだけは、今までも予想していましたが、ここまでなのか!と、昨日、改めて知るに至りました。

今日は二日目です。
今日も、いまだかつてない凄い展開になってくる予感がします。
明日のブログはどこまで表現できるか。
楽しみにしてください。



ナスペックバナー
ナスペック電話