「男と女の真理セミナー」二日目?今まで聞いたことの無い話?

※この内容は、研究所が立ち上がる前の研究員個人ブログのアーカイブです

 

全く新しい切り口!
全く思いもよらない数々の出来事!
(「ハァーーァー」、あまりに凄いので、思わずため息が出ます)

真我のディズニーランドで、新しい真我アトラクションをあれもこれも経験し、心地よいフワフワ感の翌日という感覚です。
明らかに頭がフワフワしています。
多分、かなりの意識変化が起きているのだと思います。

男の女の真理セミナー、二日間が終わりました。
新しい話、新しい図、新しいワークのやり方など、驚きの連続の二日間でした。

さらに、ワークもいままでにない全く新しい切り口でやったのです。
すると、いままでに味わった事の無い、深い深い深いところまで行き、吠えるような大号泣が部屋中に鳴り響きました。

ちなみに、ワーク終了後気がつくと、私の洋服の肩から腕にかけて、無数の涙の跡が、まるで洋服の絵柄のように無数にくっきりと残っていました。
数人とのペアワークでしたが、抱き合って、私の肩や腕で大号泣した皆さんの涙が、半端無い量だったのでしょう。
それほどの深さだったのが、私の洋服の無数の涙の跡に残されていました。

今回の「男と女の真理」セミナー。
始めてのことがたくさんだったので、今日から数日に分けて「初めて聞いた話」シリーズにして、お送りしようと思います。
それほど、一度では書ききれない深い深い内容だったのです。

その一「佐藤康行との深い縁」

佐藤康行は、M夫婦にこういいました。
「お二人の息子さんは、たとえ誰のもとに生まれていたとしても、深い縁の子供ですよ。
Mさん、あなたとはソウルメイトとして深いつながりがあるのですよ。

私には、本当は初めから分かっていたけれど、言う機会を見ていたのです。
今こそ、その時。
お二人の本当の魂の息子ですよ」

その瞬間、「ワァーーーー!!」と、ご主人、奥さん、お姉さんが三人が同時に大声で泣かれたのです。

さらに、私たちにも、佐藤康行は言ってくれました。
「今まで、宗教と誤解されたり、勘違いされるといけないと思い、あえて言いませんでしたが、皆さんは私のソウルメイトだと、私は思っているのです。
深い深い御縁のある方たちだと思っているのです。

だから、皆さんのことには、こうして汗を流しながら、必死になるのです。
だから、皆さんのことには、佐藤康行は心痛めるのです。

私と皆さんとは深いソウルメイトなのです。
深い深い縁でつながっているのです。」

佐藤康行と深い縁を持った私たち。
実は私たち同士も深い深い縁のある仲間だったのです。

このブログをお読みいただいているあなたも、佐藤康行の愛してやまないソウルメイトであり、私たちは深い縁で結びついているのです。

佐藤康行からはっきり語られた、真実の姿です。



ナスペックバナー
ナスペック電話