最も苦手な人と最も親しくなる

※この内容は、研究所が立ち上がる前の研究員個人ブログのアーカイブです

いかにしたら、強運を引き寄せられるか!
昨日の佐藤康行の話です。

昨日は、強運の「完璧ポスト」という、強力な話でした。
今まで見た、●と○の図が、さらに進化し、バージョンアップして出てきました。

その図を見ていると、さらに「完璧ポスト」で、私たちが何をやっているのかが、さらにさらに落ちてくるのです。

「不運な心は不運を引き寄せる。」

しかし、自分の中にある「恨み」とか「人を嫌だ」と思う気持ちはどうにもならない・・・・。
自然に出てきてしまうため、どうにもならない・・・・。
どうにかしようとすればするほど、さらに、その不運な気持ちが強くなり、さらに不運を引き寄せる。

「不運な自分が出てきたほうがいい」
「それは全部大切なもの」

「不運な気持ちがあったから、もっといいことがいっぱいあった」
「不運気持ちのおかげで、こんない素晴らしいことが分かった」

この驚くべき発想!
世の中にはなかった発想!

それが「完璧ポスト」の正体なのです。

これで良かったと「完璧ポスト」をしていると、さらにさらに、良かったことが出てきます。
すると、「不運な気持ち」は、相対的に小さくなってくる。

さらにさらに、「これで良かった」事を書いていると、ついに、そもそもあった「不運だと思っていた」その出来事が、その心が、ダイヤモンドのようになってくる。

これこそ、佐藤康行が編み出した、「強運になるためのコツ」です。
こんな人には、人は手も足も出ないのです。

これは、佐藤康行自身が、若い時から、知らず知らずのうちやってきたことなのです。

ひとりでも苦手な人がいたら、力が出ない。
本当の自分の力が出ない。
そう思った佐藤康行は、人から嫌われている人に、あえて自分から近づいて行ったのです。

それはは、「苦手な人だけど、親しくしよう」ではないのです。
「苦手な人がいなくなる」事をやったのです。
この似て非なるもの。

その結果、営業は抜群の成績になり、
経営者になった時は、数年で70店舗にまでなったのです。

すでに、佐藤康行は20歳代から、この「無敵の世界」を実証していたのです。
それを、今、理論的に、誰にでも出来るような形にしてくれたのです。

誰にでも、佐藤康行がやっていた「無敵の世界」「最強運の世界」が、ひとりで、自宅で、簡単に出来るようにしてくれたのです。

最も難しいことをやってきたから、自由自在になれる。
この最も難しいことが、最も簡単な事

そう佐藤康行は言います。

これを自由自在に出来るようになれば。
即ち、「完璧ポスト」という、あのシンプルなたった一枚のあのワーク。
あれが完全にマスター出来るようになったら、私たちは、自由自在に、100発100中の世界になるのです。

佐藤康行は、昨日もびっしり汗をかきながら、世界のどこにもない話をしてくれたのです。



ナスペックバナー
ナスペック電話