「真我真理研究会」3月度

※この内容は、研究所が立ち上がる前の研究員個人ブログのアーカイブです

昨夜は「真我真理研究会」3月度が開催されました。
ほとんど、全員が吹っ飛んでしまった内容でした。

佐藤康行の視点で
人間には「神の法則」と「心の法則」の二つがあるということ。

それを、宇宙の創造(第一創造)と人間の創造(第二創造)として、
明確に語ってくれました。

そして、新しい図で、現実にやっている事を明確に示してくれました。

終始、佐藤康行の視点で語られるその言葉は
誰もがついていけませんでした。

しかし、これほど心地良く、
魂が喜んでいるものもありませんでした。

佐藤康行が言っている「真我」
そのたった「ひとつのこと」

それは、佐藤康行の考えでもなければ、教えでもありません。
ただ、この世界に厳然とある、法則そのもののことです。

佐藤康行は、その目に見えない、五感を持っては捉えきれない
「事実」
「図解」として示し、
さらには「言葉」をもって、示してくれています。

その「真我の言魂」は、頭や心で到底、理解できるものではないがゆえに
あなたの脳と心は、全く新たなものに生まれ変われるのです。



ナスペックバナー

ナスペック電話