運命の好転のとき

※この内容は、研究所が立ち上がる前の研究員個人ブログのアーカイブです

昨日は、名古屋において佐藤康行による「黄金の蔵」は天にあるセミナーが開催されました。

佐藤康行研究者と自認している私といたしましては、どうしても皆さんに、真っ先にお伝えしたい事があります。

それは、佐藤康行の大きな変化というか、進化というか・・・・。

何と表現したらいいのか・・・・・・。

そう、

さらに、切っ先が鋭くなっている!

そんな感じなのです。

たぶん、昨日のセミナーも、かなり手を緩めてやられたに違いありません。

もっと、本気になられたら、たぶん、全員がぶっ倒れてしまっていたことでしょう。

そうとしか思えないほどの、佐藤康行の言葉のひとこと、ひとことの無駄のなさ、隙のなさ、そして、その言葉の深いエネルギー!

すでに佐藤の講話を聞くだけで、私たちの深い深い部分が揺さぶられ、すでに、気が付かないうちに、大きな変化を遂げていたのでした。
そして、それを確認するかのごとく、佐藤自ら真我覚醒の引き出しをやってくれました。

すでに、気づかずとも、佐藤康行の言葉により真我の覚醒をしてしまっている私たちは、

あっという間に今までにないほどの大きな体感をしたのでした。

そして、あっという間に、ものの見え方がひっくり返ってしまいました。

次々と、「一番最悪だと思っていた、○○な出来事だったのですが、これこそが愛だったと心から思えました。

佐藤先生、気づくことが出来ました」

という、話が出てきました。

そして、最悪が愛に見えた時の歓喜と感謝は、何物にも代えがたく、全てが許され許しあい、愛され愛しあいの世界になっていくのでした。

さて、ここで、佐藤康行冒頭での講話のひとつをご紹介します。

===================================

「太陽を真我とする、雲をあなたの考え方とする。
雨が降ると悪いことが起きたかのように思える。

それは物事を部分でしか見えないと思い込んでいるからです。

雨は、空気中の汚れを大掃除してくれます。

空気が澄むと、より太陽の輝きがよく見えるようになります。

ザ~と雨が降るとき、

これこそ、運命の好転のとき。

雲も雨も黄金なのです!

空中にあった、ばい煙も汚れも全部、宝なのです。


全てが完全で完璧!!

私はその大前提でやってきたのです。

そこをスタートラインにするのです」

=======================================

まさに、佐藤康行の言葉通り、雲も雨も黄金だったという体験を、昨日はすることが出来たのです。

そして、昨日のおおきなおおきな感動は、今も胸のなかで熱く熱く燃えているのです!



ナスペックバナー
ナスペック電話