YSカウンセラー実践会

※この内容は、研究所が立ち上がる前の研究員個人ブログのアーカイブです

昨夜は、「YSカウンセラー実践会」が行われました。
この実践会は、毎週、定期的に行われています。

昨夜は佐藤康行も参加してくれました。
そして、大変考えさせられる実践会でした。

佐藤康行が参加すると、空気が一変してしまうのが不思議です。

佐藤康行は、明日の準備なのか、すでに声も変ってしまっていてます。
また、実践会内にある、機会が「ボォーーォーーーー!」と何度も大きな音を鳴らしています。
実践会でこんなことにあるのは始めてです。
多分、佐藤のエネルギーは、すでに今日のセミナーに向けて、準備されているものと思われます。

さて、話を実践会に戻します。

もし、じぶんのこと子供が「学校に行きたくない」と言ったら
あなたはどう答えるか・・・・・?

「真面目だね」というとか
「行かなくていい」というとか
「どうしたの?」というとか・・・・。
白版いっぱいに答えが出ました。

佐藤康行のアイデアで、その答えのどれがかぶせでどれがかぶせではないかを検討してみました。

これが意外と、わかっているようでわからない・・・・。
かぶせのような気もするし、かぶせではないような気もする・・・。

満月で見ているような気もするし、実は三日月でみているような気もする。
まさに、「真満月」と「偽満月」
さぁ、あなたの言葉はかぶせではありませんか?
どうでしょうか?



ナスペックバナー

ナスペック電話