満月顕現セミナー

※この内容は、研究所が立ち上がる前の研究員個人ブログのアーカイブです

講座の内容を書いたノートを忘れてきました。
夕方のワークをしたころから、かなりの好転反応が出て、
ほとんど記憶がありません。

記憶をたどると・・・・・。
午前中は佐藤康行の講話でした。
朝から、凄い深かったという記憶があります。

「満月視点」から視る。
今回の講座は、この一点を出来るようにする
そこに集中です。

この「満月視点」で、物事を視られるようになることを
ある意味、ずっとやってきた私たちです。

わかってわからない部分
やりたくてやれてい無い部分を質問しながら進んでいきました。

午後からはワーク・・・・。
「満月視点」からみるワークです。

ペアワークではとてつもない体感がありました。
その辺りから、私の記憶はフワフワしています。
体感とともに、どこかへ自分が行ってしまったような感覚です。

佐藤学長にこの「好転反応」を明日までに突き抜けたいと質問をしたら、
今日のワークをとことんやるとよいとのこと。

昨夜は、ワークに集中し、そしてバタンキュ‐という感じで眠りました。
・…と、言うことで、わかったようなわからないようなレポートになってしまいました。

とにかく今までに味わったことのないところまで、一気に行った…ということだけは、明確にわかっています。

まるで宇宙に、宇宙服も着ないで突然出かけけた気分なのです。
いつも遠くからみていた宇宙は、行ってみたらあまりにも感動で
帰ってきた私は、まるで浦島太郎状態のようになっています。

さて、今日はどうなるのか・・・・!

 



ナスペックバナー
ナスペック電話