ひとりごと

※この内容は、研究所が立ち上がる前の研究員個人ブログのアーカイブです

30年間、私たちはずっと佐藤康行にかぶせ続けてきた。
ずっと、自分の考えを言い続けてきた。
「私はこう思うんですけど・・・・」
「私はこうなりたいんだけど・・・・」
「夫、妻、子供はこうなんです」

ずっと目に映る三日月を、そして自分の心に浮かぶ考えや思いを
佐藤康行にかぶせ続けてきた。

30年間、佐藤康行はひたすら満月で返してくれた。
私たちがなんと言おうが、どう考えようが、どんなにかぶせ続けても、
ただひたすら、満月で返してくれた。

30年前、世の中の誰一人として、月が満月だと見ていなかった。
地球上の人類全体が、三日月につけたそうとしていた。
三日月に付けたして、まん丸にしようと必死になっていた。

佐藤康行は、たった一人
「あなたはもともと満月だ。あなたの周りの人ももともと満月です」そう言い続け、
そして、ひたすらその証明をし続けて、私たちに見せ続けてくれた。
「ほうら、満月ですよ」
その数15万人・・・・・。

結果
佐藤康行ひとりしか出来なかった「真我開発講座」も多くの人が講師として携わるようになった。

結果、
クリニックも出来、ビジネスのコンサルタント会社も出来た

結果
多くの人が「心の病」のカウンセラーとして、プロの道を歩むところまで来た。

佐藤康行がたった一人でやってきた道のり・・・・・。
それを思うと、ただただ涙が流れる。
感謝という言葉だけでは、表現できないものがある。

いのちをかけて、生涯をかけてくれた世界で唯一の人に
自分もいのちをかけ、生涯をかけたいと思う。

 



ナスペックバナー

ナスペック電話