研究員がミタ「タイ一日目の奇跡」

※この内容は、研究所が立ち上がる前の研究員個人ブログのアーカイブです

佐藤康行は、私たちより一日早くタイ入りをしています。
佐藤康行がタイへ来たとたん、タイでいきなり、豪雨と雷が鳴り響き、これから起こることの予兆がすでに知らされていたのでした。

豪雨によって浄化され、雷によってこれから起きることの知らせの太鼓が鳴らされているのです。
そして、タイでの天との「碎啄同時」の出来事の幕開けです!

昨日の佐藤康行は、現地のラジオ番組に2時間出演しました。
日本でも、この番組をお聞きになった方もいらっしゃるとは思いますが、佐藤康行ヒストリーを語る、佐藤康行のことを現地の方に知っていただくには、とても重要な番組となっていました。
この番組のパーソナリティーの人も、すでに佐藤康行ファンで、今日の講演会にも来てくださいます。

さて、今からお話しするのは、昨夜の佐藤康行を囲んでの食事会での出来事です。
おいしいタイ料理をいただきながら、佐藤康行が手に持ったフォークをブラブラさせていたかと思うと、目の前でそのフォークがグニャ・・・・・!っと。
「えっ?????」
硬いフォークが曲がっているではありませんか!

手にもってブラブラさせていただけです。

それを機に、とんでもない事が起き始めました。
Nさんをいつものように握手したら、「わぁーーーー!ゲホッ!ゲホッ!」と、日本とはちょっと違う雰囲気で始まりました。

それを見ていた人が、次から次へと引き出されるように「わぁーーーーーーん!」と泣き出します。
さらに、それを見ていた人が、また、「わぁーーーーーーーー!」と・・・・・・・。

そして次から次へと泣き出します。
佐藤康行の膝の周りには、何人もが取りすがるようにして、何かが引き出されたのか・・・激しく真我が開いているようです。
真我が数珠つなぎに開いていくのです。

瞬間の出来事でした!
タイのお店の人もお客さんも驚いています。

「もう始まっているのですよ」
そう、佐藤康行は言いました。

もうすでにタイでは、佐藤康行イズム始まっています!

そんな状況の中で、さていよいよ今日は、いよいよ現地の方をお迎えして、「佐藤康行講演会」が行われます。
日本語がわからない方もいらっしゃる予定です。
Tさんが傍で通訳する準備も出来ました。

タイの時間では13時スタートです。
日本時間では15時にスタートです。

今日はどんなことが起きるのか・・・・・!
また、明日の朝、皆様へはブログにてお知らせいます。



ナスペックバナー
ナスペック電話