佐藤康行「自分のなかにあるパワーの使い方」

※この内容は、研究所が立ち上がる前の研究員個人ブログのアーカイブです

佐藤康行が始めて知った、自分のなかにある「底知れないパワー」
佐藤康行中学のときの体験の話をしました。
その後、そのパワーを使ったエピソードの一つ目をお話したいと思います。
===============

底知れないパワーの使い方

佐藤康行が東京へ出てきて、皿洗いから数年後。
佐藤はグループ会社の野菜の市場で仕事をしていたときの事です。
その当時の話も多くのエピソードがありますが、そのあたりは、いろいろすでにお聞きの方もいらっしゃるかもしれません。

「親父さん」と呼ばれていた会長がいて、佐藤はその後、その会長付になり、その親父さんの世話をするのですが、今日は親父さんとのエピソードではありません。
今日はこの市場で起きた、佐藤康行の底知れないパワーのエピソードの話です。

佐藤の同僚で、空手を習っているAという人間がいました。
Aは蹴りや空手で、佐藤やいろんな人に、しょっちゅうちょっかいを出していました。
蹴りや空手の寸止めをやるのですが、それがしつこくて、みんな迷惑をしていました。
Aのこのちょっかいは、わずらわしくもあり危なくもありました。

ある時、あまりのAのしつこさに、佐藤は「いい加減にしろ」といいました。
Aは待ってましたとばかり、佐藤を倉庫の裏に連れて行って脅かします。
「生意気なやつだ・・・。俺に逆らうとどうなるか知らないぞ。お前の骨なんか折ってやるぞ」

佐藤はその時、下に落ちていた五寸釘を2本拾い、釘を手に挟んでAを睨みこう言ったのでした。
「おい、A。
空手と喧嘩は違うぞ。
お前がかかって来るなら、俺は本気でお前の目だけを狙っていくぞ。
本当の喧嘩を見せてやる・・・!
いいか!
さぁ、かかってこい!!」
そう言って、五寸釘を構え、じっと相手を睨んだのです。

その瞬間、佐藤のパワーに、Aは全く動けなくなってしまったのでした。
手を出すことも出来ず、逃げることもできず、ただただそこに立っているだけでした

しばらく睨みあっていたのですが、佐藤は当時通っていた定時制高校へ行く時間になり
「この続きは学校から帰ってきたらやろう」そういって、Aをその場に残して立ち去りました。

定時制高校から帰ってきた佐藤は、寮のAの部屋の窓を叩きました。
「おいA。帰ってきたぞ。
続きをやろう」

Aは出てきません。
返事もしません。

佐藤がガラッと窓を開けてみたら、Aは布団の中で震えていたのでした。
それ以来、Aは一切、誰にもちょっかいを出さなくなりました。

 

佐藤康行は、脅しではなく本気の中の、でも相手が手を出せない、そのぎりぎりのところが分かっていたのでした

紙一重のぎりぎりのところ
佐藤康行は、無意識の中で自分の底知れないパワーを「抑止力」という使い方をしたのでした。


===============

愛に変わる佐藤康行のパワー
佐藤康行のなかにあった「底知れぬ力」の二つ目のエピソードを紹介します。
それは、市場の時代から時を過ぎて、佐藤康行がレストランの経営をしていた時代の話です。

佐藤康行のレストランに、やくざが3名来ました。
ズラーーと三人がカウンターに並んで、佐藤康行に店に当時、流行っていた「インベーダーゲーム」を置かしてほしいというのです。

「ねぇーマスター頼むよ」
「良いじゃないか・・・」
しつこく迫ります。

どんなことがあっても、絶対、店には入れないと、そう決めていた佐藤は、一歩も引き下がりません。
「申し訳ありません」そう断り続けています。

やくざは飴と鞭を使いながら、しつこく佐藤に迫って来ます。
脅しをかけた後、親切なふりをしてきます。
「ねぇ、マスター。握手しようよ」そうい手を差し出してきたりもします。

しかし、佐藤は絶対に断わり続けました。

ついにやくざの一番親分のような人が天井を見上げながら、ため息をついて言いました
「あ~あ、この店も明日で終わりか・・・・・・・」

その時、佐藤はあえてやくざに聞こえるように、店のスタッフに指示を出したのでした。
「おい、店の包丁を磨いておけよ!」

佐藤はその時、こう思っていたと話しています。
「おれはいのちをかけているんだ!
たとえ、こんなちっぽけな店であろうと、この店にいのちをかけているんだ。
お前たちはそれだけ、いのちがけできているのか・・・?」

それ以降、一切、やくざは現れませんでした。

そのときの佐藤の迫力
そのときの佐藤のいのちがけのパワー

そのパワーがやくざに何を感じさせたのか・・・・・・。
私には計り知れませんが、普通はしつこく来るであろうやくざが、それ以降、パタッと店に現れなくなったのでした。

この佐藤康行の中にあるパワーというかエネルギーというか・・・・。



ナスペックバナー

ナスペック電話