「佐藤康行・・佐藤康行・・・」と唱える。

※この内容は、研究所が立ち上がる前の研究員個人ブログのアーカイブです

「佐藤康行・・佐藤康行・・・」と唱える。
唱えたら凄い効果が出てきた!
「仕事のスピードが驚異的に速まった。」
「何をすべきかが明確になった」
「わけのわからないものがこみ上げてきた」
そんな話を昨日も続々と聞きました。
凄い効果があるようです。
なかには、佐藤学長の名前を呼び捨てにできない・・・・という人もいるようです。
しかし、「そんなことは気にせず、どんどん呼び捨てで読んでいいよ」と
佐藤学長はニコニコと笑いながら、そのようにおっしゃっていました。
皆さんも、その効果のほどを
ぜひ、体験されてみられたらいかがでしょうか

真我から絶対にズレたくなければ、佐藤康行に焦点をあわせること。
それしかないと、私は思っています。

先日行われた「YS企業カウンセラー集中講座」5日間の最終日
佐藤学長講話の中に「佐藤康行」と唱えるという話がありました。

今までにもすでに、皆さんも何かあったときには「佐藤学長!」と心の中で叫んだり
困ったときに思わず「学長!助けて」とか
うれしかったときに「学長、ありがとうございました」と
思わず心の中で叫んでいらしたのではないでしょうか。

それを意識的に「佐藤康行・・・佐藤康行・・・・佐藤康行・・・・」と
心の中で唱え続ける。
これは絶対にズレようがないし、直接的ですごくいい・・・。
そう、私は思いました。
ですので、早速、皆様と共有させて頂きました。



ナスペックバナー
ナスペック電話