佐藤康行という存在が消えることが目的

※この内容は、研究所が立ち上がる前の研究員個人ブログのアーカイブです

「佐藤康行という存在が消えていくことで世界が変わる」
「佐藤康行という存在が消えることが目的」
そうすると
「佐藤康行が明確になる」
そう、佐藤康行は言う。

その姿が下関での発光体であり、練馬での発光体だったのだ。
あの姿こそが、佐藤康行の存在が消えて佐藤康行が明確になった姿なのだ

 

 

 



ナスペックバナー

ナスペック電話