佐藤康行「飛神覚醒会」4月度

※この内容は、研究所が立ち上がる前の研究員個人ブログのアーカイブです

昨夜の佐藤康行の講話は凄かったです。
凄いパワーで、魂が深く震えました。
そして、とんでもない体験談の話もありました。
今日と明日の2日間で、今月の「飛神覚醒会」のレポートをお送りしたいと思います

 

(手元のメモより、佐藤康行の言葉を拾ってお送りしたいと思います。)

私たちはジーとしていても湧き上がる思いがあります。
その湧き上がる思いで、幸せや不幸を感じています。
表に起きている状況をどう捉えているか。
たとえ、良くない状況でも幸せや喜びを感じることは出来る。
ひとりひとり味覚が違うように、その人の過去の経験、先祖からのもの、前世からのものによって捉え方が違ってくるのです。

人間はDNAだけではなく、魂の部分まで真我によって磁力が変わってくる
真我を理解したらあなたの磁力が変わる
魂は時空を超える。
どんな先祖も、三次元での友人も、魂の磁力によって引き寄せてくることができる
今まで魂の部分までは選べなかったけれど、佐藤康行と出会ったらそれ自由自在に選べるのです!

乞食と托鉢は姿は似ているけれど、やっていることは真逆です。
乞食は自分の貧乏さを売り物にしてお金を欲しいというが何も提供しない。
托鉢は一番貧乏そうな家の前に行く。それは案に教育をしているのです。
「人に慈悲の心をあげる学びをしなさい」と・・・。

真理に賛否両論はない。
必ず全員が同じところにたつ。
人が恨みを言っているのは「愛の叫び」
ゴミが黄金に見えたら、全てが黄金。
まさにホールインワン
自分の心で全部の人が友人、愛する人に思えたら心には時間も空間もないから瞬間にそうなることは出来る。
富もまさに同じこと。

真我に覚醒するしかない!
真我に覚醒すると、宇宙が勝手に動きだす世界。
思考そのものも変わる。
そのためには最も大事なこと一点に焦点をあわせることです!

===============
佐藤康行の魂の講話は、半端ないエネルギーで続きました。
佐藤康行の魂の講話で、時間も空間もない世界を味わうことができました。



ナスペックバナー
ナスペック電話