「佐藤塾」一日目

※この内容は、研究所が立ち上がる前の研究員個人ブログのアーカイブです

想像以上の一日目でした!

冒頭、岡田社長より、以前、岡田社長がM生命の研修のときに撮られた、そこに居るはずのない佐藤康行が映った写真を始めとして
次々と不思議な写真がいっぱい見せて頂けました。
特に、海外のときの不思議写真や、初公開の写真など、あの写真を見るだけでも圧巻でした。
「いったい佐藤康行は何者だ・・・!」

その後、20年ほど前のポールソロモンの映像も見ました。
明らかに佐藤康行のことを言っている。
聞けば明らかだ・・・。
「そうか・・・やっぱり、佐藤康行はそうだったのだ」

そして、佐藤康行の凄まじいエネルギーともいえる講話が始まったのです。
=============
私は肉体の臨死体験と
魂の臨死体験を経験しています

肉体の臨死体験は
倒れて介護度5になりました

魂の臨死体験
魂が崩壊し
その時私は光になって黄金になったのです
そしてはっきり自覚した

天から「お前だぞ」という
内なる声を聞きました。
「お前がやるんだぞ」

私はその時、天に合掌して
「わかりました。あなたの言うとおりやります」と独り言を言いました。
その時に私は私の役割を完全に自覚しました

しかし私は誰にも言うことはありませんでした
そして、
私はただただ事実実証、ひたすら証明するだけに専念しました。

ひとりが全世界
何故ならば
同じ人間が世界に70億人いるだけだからです。
ひとりの末期がんを蘇らせたら
世界中の末期がんの人を直すことが出来る
ひとりのゲイの人を男に戻せたら
世界中のゲイの人を戻すことが出来る。
ひとりの統合失調症を治せたら
世界中の統合失調症を治すことが出来る

一人が全世界だとやってきました。
もう、その時に、ほしいものは何もなくなりました

あなたの中に全てがそろっている
それを真我という
本当の自分

あなたの中にもともと持っているもの
世界の人、全部同じ
あなたの中にもともと持っているものだから
教えではない
人種も関係ない
男女も関係ない
過去教わってきた教えも
宗教も関係ない

もともとあるものだから
時間がかからない。
人間であることに時間は関係ない。
心臓が動いていることに時間は関係ない。
もともとあるものに気づくだけ。

こころも全く同じ
真我という世界中の人とひとつの心
それに気づくことが出来れば
世界中の人が一瞬に気づくことが出来る

真理というものは元もとあるものだから
これから何かを教えるというものでない。
もともと心臓は動き
もともと地球は公転しながら自転している

真理というものはもともと存在しているもの
人によって違うという事はないのです
===========
圧倒される午前中の講話でした。
たぶん、写真を撮っていたら、佐藤康行は光になっていたか、消えていたに違いありません。

午後からは、とんでもないワークです。
佐藤康行の前で、先祖も前世もすべてを書き換えるワークでした。

こんなワーク、前代未聞です。
世界にこんなワーク、絶対無いと思います。

全員、自分の先祖の因縁も前世の影響も、全てを愛に変え、光に変え
その喜びで大号泣だったのです。
さらには、相手の闇を光にするワークまでやり、もう頂点まで行ってる感がある一日目でした。
すでに、大きく人生が変わってしまった人、続出の一日目でした。

「不思議発見」

その1
帰ろうとすると、エレベーターの前で誰かが私たちを呼んでいます。
「あれ?」声はエレベーターの中からです。
ついに起こりました。
電気系統のトラブル。
佐藤康行のセミナーで、電気系統が誤作動を起こすという事は、これまでも頻繁に起こることです。
今日はエレベーターが動きません。
数名がエレベーターに閉じ込められてしまったのです。

昨日の会場は「富士エレベーター」という、エレベーターの会社のビルです。
そこでエレベーターが止まったというのも、何か大きな意味を感じます。
早速、YSスタッフがビルの会社に連絡し、30分後には全員無事脱出できたのでした。

その2
佐藤康行のPHPから出版された新刊「心が折れそうになったときに読む本」が
発売3日目にすでに倉庫の在庫が0になってしました。
出版社も異例の速さに驚き!
早くも「重版出来」です!
本が売れない時代に、こんな話しは聞いたことがありません。
これは奇跡としかいいようがありません。

その3
最近不思議を連発中のNさん。
エレベーターに閉じ込められたのもNさんです。
エレベーターから脱出後、とんでもない信じられない電話が入ったようなのです。
それは、明日のブログでご報告いたします。
楽しみにしていてください。



ナスペックバナー

ナスペック電話