電化製品がつぎつぎと・・・!

※この内容は、研究所が立ち上がる前の研究員個人ブログのアーカイブです

佐藤康行を知る人にとっては、ある意味、常識に近い話です。
佐藤康行の講座や講演会では、しょっちゅう電化製品は駄目になるのです。
講座だけではなく、日常でも、しょっちゅうです。

あるときなどは、5本のボイスレコーダーで、佐藤康行の音声を取っていましたが、
4本のボイスレコーダーが全部駄目になりました。
何故か急に故障したり、音が取れていなかったり、途中で止まってしまったりで、結局、1本のボイスレコーダーのみがかろうじて音声をとる事ができたという事もありました。

また、あるときは、YSコンサルタントの事務所の新しいパソコンが数台並んでいたところでのその後ろを佐藤康行が通っていったとたん
数台のパソコンが次々と壊れた という事もありました。

あるときには講演会で、大画面に映像を映す予定にしていて、何度もリハーサルをして完璧だったのに
本番では原因不明で全く映らなかったという事もありました

最近では4月に行われた「佐藤塾」では、会場のエレベーターが止まってしまい、受講生数名が閉じ込められたという事も起きました。

このように佐藤康行の行くところでは、電気製品の変調はこのようにつきものとなっています。



ナスペックバナー

ナスペック電話