佐藤康行「宇宙の真理」2日目 ~「満月の答え」の出し方~

※この内容は、研究所が立ち上がる前の研究員個人ブログのアーカイブです

「宇宙の真理」2日目
もう、昨日とは全く違う意識の皆様です。
朝から喜びが溢れていることが見て取れます。

「昨日、私は大事なことは、絶対に『ぶれない・混ぜない・真我を一番にする』と言いました。
なぜ、そのことが大切なのか、その話をします」
そう佐藤康行は言って、その話から始まった2日目でした。

そして、「縦の法則」と「横の法則」の話から入りながら、真我の真髄の話をします。

ここ最近の佐藤康行の話は、理解したとか理解しないを超えたものがあります。
仮にわからなかったとしても、そこにいるだけで、佐藤康行のエネルギーだけで意識も細胞もぐんぐん変化していくのがわかります。

脳では理解できなくても脳そのものが変化している感覚です。
体が勝手に反応してきて、体全体から活力湧いてきます。

佐藤康行は
「この真我という究極のものを、社会に理解されやすくすることを課題にしてやってきた」
「真我とはたどり着かなければならないものだけど、すでに私たちの中にあるものだ」と言います。

さて、午後からはとんでもないワークを佐藤康行はしました。
それは、私たちが一番望んでいること
「どうしたら、佐藤学長のように満月で答えを出すことが出来るのか?」
そのワークをしました。

今までの佐藤康行のワークを組み合わせて、自分で意識をどんどん変えていくというワークです。
自分にとっての困ったことなどをテーマにし、一つ目のワークをして書く
二つ目のワークをして書く→見え方が変わる
三つ目のワークをして書く→さらに見え方が変わる
四つ目のワークをして書く→さらにさらに見え方感じ方が変わる・・・・。

あまりに瞬時に変わっていくので、何がどうなのかわからないくらいです。
「これなら家でも、一人でも出来ますね。」そう佐藤康行は言いました。

「実は私、かなり凄いと感動しているんですよ。
今まで私が出したものを組み合わせただけなんです。」

「これは凄い発見です」

「日常の中でこれをやれば簡単です」
「日常生活の中で、ほんのわずかな時間で全く違う答えが出せる」

「普通の瞑想などでは決して得られない、次元の高いものが得られる」
「これを無意識に出来るまで、意識的に使いこなしてください」

 

休憩の後は
時間一杯を使って、多くの受講生の質問や報告をずーと嬉しそうにニコニコとして長時間にわたり聞いてくれました。

どれだけ受講生は佐藤康行が大好きなんだろう!
佐藤康行はどれだけ私たちを愛してくれているんだろう!
会場内はまさに愛だけのエネルギー満載でした
そして、多くの方が発信者になると決意をされていました。



ナスペックバナー
ナスペック電話