宇宙の物語は宇宙そのものではない

※この内容は、研究所が立ち上がる前の研究員個人ブログのアーカイブです

過去、15万人近い人を相手にしてきた佐藤康行
その中には、本当にいろんな人がいたという。

講座の最中に恐竜になってしまって、佐藤に向かってきた人もいたといいます。
ちょんまげが頭にあると、鏡を見ながらそう言っていた人もいたという。
また、「うぅー。おぬし、裏切ったな」そう言って、戦国時代の記憶が出てきた人もいたという。
自分のその時代の名前まで言っていたという。

その他にも、考えられないような人がいっぱいいた
どんな人も断ったことは無いと佐藤康行はいう。

どんな人も真我に目覚めることで
すべてが変わっていく。
その体験を「これでもか。これでもか」と見たという。
そして「やっぱり、やっぱり」と確信したという

30年間、生身の人間を相手にやり続けてきた
目に見えない、とらえどころの無いことを
目に見えるようにし、明確にしてきた
 そして、事実を持って証明してきた

私は佐藤康行の過去のテープを聴き、
追っかけをし
私なりの研究ではありますが
佐藤康行の研究してきました

佐藤康行が一瞬たりとも、
1mmたりともずれた時を見たことがありませんでした。

佐藤康行がずれずにいてくれたおかげで
過去の記憶を書き換え、未来も変えることが出来ました。

そして、今、新たに「死にゆく人」を相手に
終末医療を手がけるという

きっと、そこでも数知れずの「不思議発見」が起こるに違いない。
なぜなら、記憶の無い「宇宙」は
記憶を書き換えることが出来るからだ



ナスペックバナー

ナスペック電話