縦のブレークスルー

※この内容は、研究所が立ち上がる前の研究員個人ブログのアーカイブです

佐藤康行がやっていることは、たったひとつのこと
それがわからないため、いろいろ勘違いする人も出てきます。

世界にかつてないことをやっているので、自分の勝手な解釈で思い込んでしまうのかも知れませんが
良い機会なので、佐藤康行著書から横のブレークスルー縦のブレークスルーという部分をご紹介いたします。

今から12年前に発刊された書籍「神のメッセージ②」の中に
「横のブレークスルーと縦のブレークスルー」(P24)があります。
そこにはこのように書かれています。

~私たちが、何かの状況を乗り切るとき、ブレークスルー思考といって、自らの発想の壁、限界を打ち破るといった発想がある。
このように観念上良い話などを聞いて、自分の今まで持っていた考え方や発想が壊われ、更にもっと広がっていく方法は「横のブレークスルー」と言っている。
これに対して、真我を開発するとは「縦のブレークスルー」である。
知識ではなく、意識の壁を打ち破っていき、意識の一番深いところ、魂の部分まで深く掘り下げていくこと、究極の意識「真我」を体感することである。~

縦のブレークスルーをやっているのは、世界中で佐藤康行のみであり
また、人類史上、かつて無いことなのです。
だから、わからない人も出てくるのは仕方がないかもしれませんが、
できたら、しっかりと正確に理解したいものです。

なぜなら、縦のブレークスルーと横のブレークスルーを混ぜると
ここでやっていることが、わけがわからなくなってくるからです。



ナスペックバナー

ナスペック電話