言葉が消えたり、ぶっ飛んだり  ~私の「満月物語」(1日目)~

※この内容は、研究所が立ち上がる前の研究員個人ブログのアーカイブです

昨日、私の満月物語を100日間、毎日書く事を決めたとお話しました。
早速、私の満月物語をしたいと思います。

今までも体験していましたが
「満月の法則」が発刊されてから
さらに頻繁に起きていること・・・・。

それは毎日、ブログにてお送りしている
佐藤康行の「真我の言魂」の事です。

 

 

あの「言魂」は、本当にミステリーです!!

佐藤康行の「言葉」を並べて投稿すると、
投稿したとたん
いきなり「言葉が消える」
「言葉が現れる」
「言葉が勝手に動く」
というような事が頻繁におきます。
!!!!!!!!

 

まるで、言葉が生き物のように
好き勝手に動いているようです・・・。

例えば文字が消えた場合、
投稿前の文章のところを確認すると
ちゃんと文字はあります。

ところが投稿すると消えている
確認→ある
投稿→消えている
というような事になるのです。

作業している私が、パソコンに堪能ではないからかと思いきや
「言魂」のブログ管理をしてもらっている、パソコンに詳しいNさんも
頻繁におきる不思議な出来事に、右往左往です。

なぜなのか!?
何が起きているのか!?
なぜ佐藤康行の言葉は、予測不可能な動きをするのか!?

 

 

実は、先日の「満月の法則セミナー」で
ご本人である、佐藤康行に質問をしています。

あーーーー!
やっぱり、そうなんだーーー!
という、さすがの答えを頂いています。

 

その答えは、明日のブログでお知らせします。
明日も朝の8時には、ブログをお送りします。

ちなみに
このブログ「渡辺研究員の佐藤康行追っかけ日記」は
おかげ様で(?)文字が消える事も、飛ぶ事も
現れることもありません(笑)



ナスペックバナー

ナスペック電話