昨日は、佐藤康行の「真我神技経営」セミナーでした。

佐藤康行による、私たちの覚醒のスピードと深さは、きっと、目に見えないところから見たら、凄いものであったに違いありません。

かくいう研究員も、今朝からブログを書かなければ、、、、、と、そう思いつつも
昨日の衝撃が凄まじすぎて、今朝は書けない状態です。

いわゆるお手上げ状態です。

お許し下さい。

 

そこで、今日は昨日の佐藤康行講話のほんの一部ですが、それをお伝えさせていただきます。

=====
会社というのは売り上げがなければ話にならない。
そして売り上げから全体の経費を差っ引くと利益が出てきます。

 

その利益をまた何に使うか、何に生かすかによって、その発展の循環が決まってくるわけです
利益を自分の目の前のことに使っちゃったら、次なる発展のことに向かないわけです。

 

魚の釣り方に投資をしたら、魚の釣り方がうまくなります。
自分で魚を釣れるようになる。

その技は一生使えますから、一生食うに困らなくなる

 一時的におなかはすくかもしれないけど、自分で釣れるんだから、一生食うに困らなくなる。

そして、その魚をもうちょっと自分1人が食べるだけじゃなくて、自分の家族、また自分の地域社会とか、もっと大きく日本のため、人類のためになれば、そうしたらそれが釣り竿じゃなくて、網になるかもしれない。

網になったら、もっと大量に魚が取れますから自分1人じゃ食べきれない。いろんな人に配ることもできるし、それをもっと別なものに生かすこともできてきます

今日は最も偉大なる魚の釣り方を皆さんに伝授して、皆さんが使えるようにする。

===========

本日のナスペックの聴きどころ

最新講話ダイジェスト
「真我神技経営①」

NASPCのバナーからお聞き下さい
===========

本日のナスペックの読みどころ

世界が一変する真我の言魂
「利益の実態を知る」

利益の実態を知ることだ

この観点で
この姿勢で経営判断をすると
恐ろしいほどうまくいく。

 

続きはNASPCのバナーからご覧下さい



ナスペックバナー
ナスペック電話