最悪の事を満月と捉える

佐藤康行の人生には三つの苦しみ があったという

 

それは「精神的な苦しみ」
これが魂の臨死体験となった。

 

二つ目はお金の苦しみ
お金の事で死ぬ人がたくさんいる
それほど、お金は心を苦しませるものなのだ

三つ目は肉体の苦しみ
それは13年前、脳溢血で倒れ、死ぬ寸前まで行った事だ。

 

これらの苦しみは不幸なのか?
運が悪いのか?

そうではない
これは「神運」なのだ。

これが一番の成功なのだと
そのように佐藤康行は言っている。

 

 

人生で最悪だと思われてることを真ん丸と捉える。
そうすると、これから全部真ん丸で捉えれるようになってくる。
何もかも全部、真ん丸で捉えれるようになる。

最悪のことを真ん丸で最高として捉えれるようになれたら、あとはそれ以下は全部簡単なんです。
そして、毎日毎日が恐ろしいぐらい幸せな人生になります。
だって、状況は関係ないんだから。

 

 

このことを
満月と三日月という
誰でもがわかるキーワードにしている。

 

満月は縦の法則、実相、真我

三日月は横の法則、偽我、心の法則

 

今まで伝えにくかったことが
満月と三日月といった途端に
誰でも伝えることが出来るようになった。

これこそ、画期的なことだと研究員は深く思う。

 

 

 



ナスペックバナー
ナスペック電話