レンズになるかカベになるか

最近、佐藤康行が必ずと言って良いほど話す話。
そして、本当にわかりやすくて「なるほど・・・・」と納得してしまう話。
13日の「満月ミリオン100日回峰」セミナーでも話してくれました。

それは『太陽の話』です。

 

例えば、癌になっても
佐藤康行との面談で、スッと癌が治る人と治らない人がいます

真我に目覚め、本当の自分に出会っても
スッと変化していく人と
なかなか変化しなくて、元に戻ってしまうかのように見えてしまう人がいます

 

一体どこが違うのか・・・・!!

それを、佐藤康行は「太陽」「レンズ」「壁(かべ)」に例えた話です。
その仕組みを、佐藤康行の講話の一部からご紹介いたします。

=======

太陽はいつも輝いてる。太陽はいつもいつも煌々と輝いています。

ここにレンズがある
レンズと壁の向こうにそれぞれカルマという黒点があるとする

 

太陽の光がレンズに当たると、黒い紙にこうやって一点に向けると、ブワーッと燃えるでしょう?

 

レンズになって受け止めれる人は、そうやって。

私と会っただけで変わっていく人も、どんどん出てるんです。
なおかつ人を、間接的にそうなってるのもあります

この原理だと、世界中に行くわけ。

 

今度は壁になってる人。

壁に光が当たったとしても、跳ね返すわけです。
こっちはずっと吸収して、人にいい影響を与えるわけ。
こっちは跳ね返して、何も変わってないわけ。

従って誰にも影響を与えてない。
全部跳ね返してるから

=========
この話・・・・・
ドキッ!!っとしました

自分は壁なのか、レンズなのか・・・・。

思わず自分を見つめ直してしまう研究員でした・・・・!

 

 



ナスペックバナー
ナスペック電話