「心が折れそうになった時のスイッチの入れ方」セミナー

昨夜は、多くの未受講生の方をお迎えし、佐藤康行による「心が折れそうになった時のスイッチの入れ方」という、満月の法側に出会っていただくためのセミナーが行われました。
タイトルを読むだけで、心が元気になってきます。

 

そして、まさにタイトル通りのセミナーでした!

 

佐藤康行は冒頭、このように言いました。

「心の問題は、相手を責めるか、自分を責めるか、です。
相手を責めることをやればケンカになるし、戦争になる。
自分を責めるとうつ病になったり精神疾患になったりする。

それを今まで努力と言っていました。
頑張って努力する。頑張って相手をやっつける。

頑張っても成果出ない自分を責める。

ではどうしたら良いのか?
相手を責めるのか、自分をせめるのか
そのどちらでもない第3の道があるんだろうか。

当然ここでは、それがあるのです

 

佐藤康行はそのことをずーやってきている
そして証明し続けています。

昨夜も体験者の「体験談」が披露され、さらには、癌が治ったという事実実例の「体験談」も続々と寄せられています。

まさに事実実例
それこそが佐藤康行が30年に渡りやり続けていることなのです。

 

セミナー終了後、後ろに佐藤康行の席が設けてあり
受講者は直接、佐藤に質問をしたり相談したりできるようになっています。

するとズラーと順番待ちの人が並びます

 

みんな、佐藤康行に会うだけで
佐藤康行と握手するだけで
佐藤康行のエネルギーを浴びるだけで
どんどん元気になっていきます。

言葉を超えた何かが伝わっている
そう感じた研究員でした。

 

 



ナスペックバナー
ナスペック電話