1990年代初期の音声

佐藤康行研究所ホームページから入っていただくと『黄金の蔵』(有料)というものがあります。
ここでは、毎日、毎日、最新の佐藤康行の音声をお送りしています。

今現在は、1994年開催の「札幌刑務所講演会」という23年前の貴重な音声を、4日間に渡りお送りしています。
23年前、佐藤康行が「札幌刑務所」に講演会に行ったときの貴重な音声です。

 

連休中という事もあり、じっくり聞いていただけるのではないかと思い、
古いお宝音声をお送りしています。

さて、札幌刑務所は実刑を受けた犯罪者を収容している刑務所です。
そこで、佐藤康行は800名の受刑者に向けて講演会を行ないました。

講演会を始める前には、なにか灰色の煙のようなものが空中に見えたという事でした。
ところが、講演会が終了したときには、すっかりその霧のようなものが晴れていたといいます。

それを裏付けるように、後に、受刑者から佐藤康行の元に感想文が送られてきたのですが、
その内容は感動と、両親に対しての思い等が綴られています。

 

さて、いろいろ古い音声を調べていると1991年から「魂の開発講座」として
今の真我開発講座「未来内観」の前身となっているものの音声が残されています。
今から26年前の音声です。

この辺りを今日は研究員も一日かけて研究してみます。
そして、皆様に明日、どんな内容なのか?
どうだったのかをお知らせしたいと思います。

どうぞ、明日の朝8時を楽しみにしていてください。



ナスペックバナー

ナスペック電話