壮大な宇宙の物語

佐藤康行は、昨日の「世界が一変する真我の言魂」 佐藤康行研究所ホームページより)で、 このように言っています。

 

私はたった一人で
神に
「はい、わかりました」といった

そのとき
この世のことが全てわかった
わかっただけでなく
何をしていいかもわかった

それは
世の中の人とか
地球上にいる人とかに
何かをしようということではない

自分の覚醒が
結果的に
世の中の人や
地球の人の覚醒に
つながっていく

 

神に焦点をあわせた時
人類の営みが浮き彫りになる

その営みは
神に焦点をあてたとき
神から反射したとき
営みがどうしていいが見えてくる

(5月5日「世界を一変する真我の言魂」一部抜粋)

 

まさにひとりから始まった。
佐藤康行ひとりから始まった、壮大な宇宙の物語を、今、我々も共に歩んでいるのだ。



ナスペックバナー

ナスペック電話