困った。佐藤康行とは真逆に見えている。

ある夫婦がいた。
私にはご主人が奥さんに長年、かぶせ続けていて、奥さんはご主人の長年のかぶせに我慢をしてきた・・・・。
そんな夫婦に見えた。
私以外にも、そこにいた人には、そう見えていたようだった。
誰が見てもそうとしか見えない場面だった。

 

同じ夫婦を見て、佐藤康行は言った。
「仲のいい夫婦だね。
ご主人はよほど奥さんを尊敬して愛しているんだね。
あの奥さんは凄いよ。プロ意識の高い人だね。
ご主人は優しい人だし良い人だからね」

 

えぇーーーー?!
一瞬、私はポカン???とした。
どう見ても、ご主人はかぶせて来た人にしか見えない私は、ポカン??とした。

そうなんだ・・・・。
学長にはそう見えるんだ。

 

「本当に学長にはそう見えるんですか?実は私にはこう見えました」
私の見え方を説明すると、佐藤康行はへぇーー??というような顔をする。

「なぜ、学長にはそう見えるんですか?不思議です」
「私のほうが驚きました。なぜ、そう見えるのか不思議です」

完全にかみ合っていない。

そもそも、同じものを見て全く真逆なのだ。
真逆からスタートしているのだ。

「ここまで真逆だと、私にはお手上げです」

 

佐藤康行は言った。
「だから、満月を前提にするんですよ」
「だから私は、大前提と言っているのですよ」

大前提・・・・・。
言葉は理解できるし、説明も出来る・・・・。

でも、私は満月を大前提にして物事を見ているのか・・・???
ここが本当にわかっているのだろうか・・・・?

========

今まで「目覚めの言葉」をご覧頂いていた方は
ナスペック専用ページへ(←クリック)



ナスペックバナー
ナスペック電話