満月を前提にする

佐藤康行は、「皆さんが何がわからないのかわからないので、私に質問をしてください」という事を言います。
佐藤康行には満月にしか見えないのだ。

佐藤康行には「前提」いらないのだ。
しかし、そうは見えない私たちのために「前提」と言う言葉を何度もいってくれている。

 

6月10日「ある方からの要望」でお約束した
満月がわからないという質問の一部をお伝えします。

 

佐藤康行にとって満月というのは
「ものすごく簡単なんです。」
「私は満月に見ようなんてしてないから。
素晴らしい人だと思ってるから。だからそのまま素直に言ってるだけなの。」という

 

「それが答えです。
まずこうやって一人と話すでしょ。この人とこの満月なの。
これがペアだとしたらこの二人で満月。
その家族が5人ぐらいだったら、この5人が満月。
そしてそれが社会全体だったら・・・・と、このように持っていってる。」

ひとりから全体を満月にしていくのですね?と質問したら

「満月にするんじゃない。満月なんだから。」
「満月にするということがかぶせだと思って下さい。」

このように、まさにかみ合わない会話をしたのです。

 

 

しかし、今日、こうやって5日前のことを書いているのですが
もう随分、昔の事のような気がします。

これが自分の中では、とても不思議な気がします。



ナスペックバナー
ナスペック電話