「佐藤康行語録」音声配信

「最新講話」(ナスペックの向けの音声)は、2004年9月に行われていた、スタッフ向けの朝礼の言葉をご紹介しています。

 

2004年といえば、その年の初めに佐藤康行が九州で脳溢血で倒れ、
4月には「復活講演会」をした年です。

そして、今お送りしいてるその年の9月の音声は
佐藤康行の体のリハビリ期間だったときの言葉の音声です。

 

当時、佐藤康行はずっと続けていた「真我開発講座」をスタッフに渡して
自身は体のリハビリと次なる自分のやるべきことに集中していたときだったと、そのように想像できます。
そう言う意味においては、貴重な音声でもあります。

この音声は、毎日数分の音声ではありますが、
当時のスタッフに語録として毎朝話していた、貴重な音声です。

 

佐藤康行の声
佐藤康行の珠玉の言葉のひとつひとつ・・・・・。

 

毎日、数分という短い音声ではありますが、
佐藤康行を知る上では、是非、皆様にお聞きいただきたい音声でもあります。

 

 



ナスペックバナー

ナスペック電話