ズレないために最も大事な事

佐藤康行の生み出した「真我開発講座」をはじめ数々のワークの威力の凄さを体感すると、本当に人生が一変する。
その凄さに「真我開発講座が素晴らしい」となる。

勿論、真我開発講座は、本当に世界に類のない、過去の歴史でもなかった人間に意識を一変するセミナーです。

しかし、ここで微妙なズレや勘違いが起きるといけないので、(勿論、皆様は、ご理解されているとは思いますが)あえて、ブログできちんと書き残したいと思っているのです。

 

この話は、昨日のナスペックの「最新講話」の中にもあった話です。

私たちにとって大切な事。
真我からズレない為には最も大事なことだと研究員には思えることなので、この話を今日は持ち出しているのです。

「真我開発講座は凄い、、、、、・」
「サンタ営業が凄い、、、、、、、」
「クリニックでやっていることは寛解率が凄い、、、、、」

確かにその通りだ。
しかし、この凄い講座を、世の中になかったものを、編み出した佐藤康行がいなければ、すべてはなかったのである。
そして、今の私たちはいなかったのだ

 

こんな凄いものを次々と編み出せる佐藤康行こそが「最も凄い!!」のである。

 

キリストがいて、聖書があるように、、、、
仏陀がいて、お経や瞑想があるように、、、、
ゴッホがいて、ゴッホの絵の価値が上がるように、、、、
ベートーベンが生きて、その苦悩の中から音楽が生まれたように、、、、

すべからく過去の歴史の中でも、あえて言わずとも、創始者や開発者が最も凄いという事は誰でもが知っている事なのだ。

 

この話は勿論「当然だ!!」と思われる方ばかりだとは思うのだが、このちょっとしたところが最も大切な部分だと思うので、 今日はこの話題を書かせてもらったのです。

参考までに、昨日のナスペック「最新音声」をお聞きでない方は、是非、一度、お聞きいただけると、さらに理解が進むのではないかと思います。

 

 



ナスペックバナー
ナスペック電話