佐藤康行が言ったそのままをスッと言える事

佐藤康行の真我とは
佐藤康行の神に合わせるとは

昨日、佐藤康行が言った言葉をそのまま、瞬時に言えることの大切さを知った。
そのままを言うのだ。
まずはくちうつしからでもいいだ。

そのままをいう事なのだ。

 

佐藤康行はこう言った。

 

真我って言うと、他でもそう言っている人がいるかもしれない
そうしたらごっちゃになってしまって、「真我ならみんなの真我でもいいだろう」ってなって、 さらにごっちゃになる。

そしてぶれていく

佐藤康行の真我でなければダメなのだ
そうじゃないと、ピン!とはじかれていく
これはものすごく厳しい世界なのだ

 

私は人を裁いたりはしない
でも天は厳しい

私はそれに合わせてやっているだけです。

スパッ!スパッといく。
瞬時です。

 

私の心に深く残った、愛の言葉だった。



ナスペックバナー

ナスペック電話