分離しているものを調和させるのではなく、もともと調和している

「AさんとBさんが争っていたとする。
争っているそのままが満月なのでしょうか?

それとも、満月を前提にした時に、争いがなくなるのか
どちらなのでしょうか?」

こういう質問がありました。
皆さんはどう答えられるでしょうか?

 

このとき、佐藤康行は質問を聞いた瞬間に
「分かってないね」といいました。

 

そして、このように答えたのです。

「そもそもAさんもBさんもいないのです。
宇宙があるだけなのです」

「争っているのは、この三日月同士なんです。三日月同士が争っている。」

「満月は全て一つだから、分離もないわけです。
全てが一つということです。
だから、そういう前提でやる。」

 

「分離しているものを調和させるんじゃないのです。
もともと調和しているんです。もともと一つなんです。」

そう、佐藤康行は答えました。

 

このやり取りのリライトを何度も繰り返して読みながら
本当に分かっていない自分を自覚するばかりです。

佐藤康行の言う「満月を大前提にする」という事の深さを
今さらながら、思い知らされている研究員です。

 

佐藤康行の研究をしていると、毎日毎日が、発見の連続です。

 

===========
本日のナスペックの読みどころ

世界が一変する真我の言魂
「自分をどけることだ」

「まず自分をどけることだ

自分の中に
佐藤康行を入れるのではなく
自分をどけること・・・・・・」

 

つづきはNASPCのバナーからご覧下さい



ナスペックバナー

ナスペック電話